目次

[1]優勝大本命は智辯和歌山、市立和歌山の2強
[2]市立和歌山筆頭のDゾーンは大激戦区に!

市立和歌山筆頭のDゾーンは大激戦区に!



エース左腕・岩本真之介(市立和歌山)

 市立和歌山のいるDゾーンは大激戦区となった。市立和歌山はエース左腕の岩本 真之介(2年)やセンバツで本塁打を放った緒方 隆之介(3年)など主力は健在。彼らに加えて春は松川 虎生が4番に座り、小園 健太が登板するなど1年生の活躍も目立った。昨年春から4季連続で智辯和歌山に決勝で敗れるという悔しさを味わっているが、今度こそは頂点に立ちたいところだ。

 初戦で市立和歌山と対戦する日高中津は主砲の杉浦玲吏(3年)を中心に能力の高い選手が多い。春にもこの2校は準々決勝で対決しており、この時は市立和歌山が5対2で勝利を収めているが、夏はどんな結果になるだろうか。



豪腕・落合秀市(和歌山東)

 豪腕・落合 秀市(3年)を擁する和歌山東もこのゾーンに入った。1回戦から星林向陽市立和歌山日高中津の勝者と気の抜けない戦いが続き、落合の起用法が気になるところ。落合に次ぐ投手として期待されている野口聡大(3年)が踏ん張りに期待したい。打線は主将で1番の岡野 楓大(3年)が打線の火付け役となる。打撃陣が援護することができれば初の甲子園出場も見えてくるはずだ。

 昨夏4強の向陽は投打のバランスが取れたチーム。昨年から4番を打つ酒井隆成(3年)の前に走者を溜めていきたい。星林は春に田辺を完封した西本信(2年)の出来が命運を握りそうだ。

 秋の近畿大会に出場した南部は左腕の鎌倉 海斗(3年)、スリークォーターの技巧派・三木翔太(3年)、安定感のある周家一磨(3年)と多彩な投手陣を擁する。彼らをリードする鎌倉航太(3年)の勝負強い打撃からも目が離せない。

 県立和歌山商は昨年から4番に座る岡悠貴(3年)の長打力に注目。秋と春は結果が出なかったが、近大新宮も投打がかみ合えば面白い存在だ。昨年から正捕手を務める水光巧(3年)がチームを勝利に導けるか。

 初芝橋本は今年度から北嵯峨鳥羽立命館宇治を甲子園に導いた卯瀧逸夫監督が就任。京都で名を馳せた名伯楽はどんな采配を見せてくれるだろうか。

 戦力的には智辯和歌山市立和歌山が抜けているが、両校ともに序盤から強敵との戦いが続く。2強に対する包囲網を突破するのは決して簡単ではないだろう。全体を見渡しても初戦から有力校同士の対決が多く、序盤戦から白熱した戦いが見られそうだ。

 和歌山大会はテレビ和歌山で全試合が生中継される予定となっている。全試合を完全実況生中継で行っているのは全国でも和歌山大会だけ。それだけ県民の高校野球熱は熱いものがある。全国屈指の野球どころは今年も熱い夏となりそうだ。

文=馬場 遼