第11回 高校野球の名門校も守備のドリル化が進む。名門校3校が実践する守備トレーニング集2021年01月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]天理が実践する捕球練習
[2]大阪桐蔭が行うキャッチボール・ボール回し
[3]興南の超効率的投内連携

 桑田真澄氏の巨人コーチ入閣により、著名人の間で量か質かの議論が多くなされている。あまり語れないが、現代の高校野球は強豪校はかなり練習のドリル化を図っている。

 かつては肉体的にも、精神的にも高負荷の長時間練習が当たり前だった。いわゆる絶対的な量の多さが第一だった。もちろん必要最低限の量をこなすべきだが、練習というのはその選手、チームの習慣や骨格を作っていくもの。その中に間違った方向性や心身にダメージを与えるものであれば、量が多ければ、損傷が大きい。

 桑田氏のような理知的な方は、目先のことではなく、その先を見据えてベターな行動、練習ができる先見性があったからこそ結果を残し、練習内容も見直されていった。

 強豪校はどういう練習をドリル化しているか。

天理が実践する捕球練習



 6人1組になって4か所に分かれてのボール回し。塁間の半分程度の距離をとって、正面にいる相手にボールを投げると、そこから二遊間の併殺プレーと同じ動きで隣にいる相手に足を使いながらトス。また3人1組での捕球練習もある。長い時間をかけるのではなく、1セット10球とそれほど多くない。

 元プロの中村良二監督は「惰性でやることは意味がないです。でしたら、短い時間で少ない回数でも効率よくやろう」と少ない数でも意識してやることにこだわっている。

大阪桐蔭が行うキャッチボール・ボール回し



 これはオフ期間で行われた練習メニューで、短い距離でのキャッチボールは3種類行っていた。まず半身体型から股関節を動かすことを意識したキャッチボール。続いて、アンダースロー気味のスローイングで体幹部を意識し、さらに正座の体勢から投げるキャッチボール。ただ腕だけの意識では投げられない。体幹部分を意識してコントロールよく投げる意識が見られる。

 さらにボール回しも工夫が凝られていた。

 ランダンプレーが織り交ぜたボール回しがある。ただのランニングスローではなく、たとえば、ホーム側がいる選手は一塁を向かう途中で、一塁から二塁へ向かう途中の選手へ投げる。

 二塁へ向かう選手は後方からボールを受け取るため、胸元に投げないといけない。

 これは時計回りだけではなく、反時計回りを行う。取材日の練習ではノーエラーを30本を行っていた。そして短い距離のボール回しを行う。半身の態勢から素早く投げる。

【次のページ】 :興南の超効率的投内連携

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第4回 本当に史上最強なのか?優勝候補・大阪桐蔭の戦力を徹底分析!【センバツ2021】
第1030回 沖縄の春を徹底展望!V候補尚学、英雄戻った興南【大会展望・総括コラム】
第2回 U15経験者、146キロ右腕など天理にいる3人の逸材【センバツ2021】
第1029回 世代を代表する超高校級スラッガーなど逸材揃い!西日本注目野手リスト27名【大会展望・総括コラム】
第1029回 真の近畿BIG4は?西日本注目投手リスト19名【大会展望・総括コラム】
第1295回 「今までで一番悔しかった…」ドラフト上位候補右腕・達孝太(天理)が味わった大阪桐蔭戦の屈辱【後編】 【2021年インタビュー】
第1295回 先発完投型投手を目指して。達孝太(天理)が100球以上の投げ込みをして得たもの【前編】 【2021年インタビュー】
第1298回 常勝・大阪桐蔭の礎を築いたザ・キャプテン・福井章吾は慶應大でも抜群のキャプテンシーを発揮 vol.3 【2021年インタビュー】
第1298回 「キャプテンをやってきてよかった」 苦悩の福井章吾(大阪桐蔭出身)を奮い立たせた西谷監督の存在 vol.2 【2020年インタビュー】
第1298回 現在の大阪桐蔭の礎を作った主将・福井章吾が中心選手になるまで vol.1 【2020年インタビュー】
沖縄尚学vs沖縄水産【沖縄県 2020年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs乙訓【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
天理 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム