目次

[1]会心のゲームの裏にキャッチャーの活躍あり
[2]キャッチャーの条件は「野球を知っている」

 野球において、キャッチャーに求められる役割は多い。では上達したいと思った時、まずどこから手をつければいいのか。学生野球からプロ野球まで捕手、監督として渡り歩いてきた大久保秀昭・現慶應大野球部監督は、まず「知る」点を強調する。気付けた者のみが入り込める成長のスパイラル。そのヒントがここにある。

会心のゲームの裏にキャッチャーの活躍あり

大久保秀昭・現慶應大野球部監督

 1996年8月1日。アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアム。アトランタ五輪野球競技準決勝。日本代表は、勝てばメダルが確定する重要な試合に臨んでいた。相手は予選リーグで5-15と屈辱の7回コールド負けを喫しているアメリカ。
「もうどうしたらいいかっていうぐらい力の差がありました。アメリカには直前の練習試合から大敗していましたし、完全アウェー。日本は打線こそ良かったものの、ピッチャー陣は故障もあり本調子ではなく不安がありました。当初から内に速いボール、外に緩いボールという定番の配球というプランだったのですが投げ切れない状況。でも試合前に『相手がアメリカであるとか関係なく、インコースにあまりこだわらなくてもいいのでは?』というアドバイスもあり、国際ストライクゾーンを有効に使った外中心の配球に変えたのです。そうしたら打順一回り目からはまって」

 当時はまだプロ野球選手が五輪には出られない時代。試合では金属バットが使用されていた。日本代表チームの構成は社会人16人、大学生4人。それでも、福留孝介、松中信彦、今岡誠、井口資仁、谷佳知など、後にプロ野球で大活躍する選手たちの奮闘もあって、日本はこの大一番に11-2と大勝し、銀メダル以上を確定させた。当時のエースで、現在は高校野球解説でもおなじみの「ミスターアマ野球」杉浦正則氏がケガから復帰してきたことも大きかった。

「勝った時より負けた時の方が印象に残っているのですが、この試合はいい思い出です」
と語るのは、この時キャッチャーとして日本投手陣を牽引した、現・慶應義塾大学野球部監督の大久保秀昭監督である。

「8割の確率で負ける」
と感じていたアメリカを相手に抑え込んだ手ごたえがあった。さらに自身もホームランを打ってピッチャーを援護射撃できた。

 「大事な試合ほどキャッチャーのゲームプランが重要になる」
という持論を象徴するような試合。決してリード一つで勝った試合ではない。この試合翌日のメディアでとりたてて讃えられたわけではない。だが、周囲に騒がれずとも、地味にそして確実に勝利に貢献するのがキャッチャーの醍醐味であり、楽しみなのだ。

このページのトップへ