第6回 済美高等学校 / 県立松山北高等学校 2010年07月07日


加盟校4132校。
全国の高野連の加盟校数である。(2009年5月時点)
様々な環境の下、全国でこれだけの高校で球児達が毎日白球を追いかけている。
今月から新企画・「野球部訪問」は、全国津々浦々、様々な野球部を訪問。
頑張っている球児や指導者の高校野球への取り組みを紹介していく。
第6回は愛媛の済美高等学校と県立松山北の3年生送別試合をレポートします。

ここも「僕らが輝く舞台」

元気一杯の済美3年生たち


夕闇迫る坊ちゃんスタジアムのカクテル光線に照らされ、ホームベース前に集合した済美、松山北の選手たち。そして背中には真新しい背番号も付けられている。

ただしこれは公式戦でも、夏の大会を目前にした練習試合ではない。試合に出場したのは「高校で野球は終わりかもしれないので、思い切って投げた」済美・石井裕介をはじめとする主力選手ではない3年生がほとんど。すなわちこのゲームは「3年生送別試合」と銘打たれた両校にとって特別な試合である。

中京大中京大府が3年生の送別試合をやっているという話を聞いて感銘を受けた」済美・上甲正典監督が済美同様に多くの野球部員を擁し、野澤善浩校長の出身校という縁もある松山北に声をかけてスタートしたのが昨年。今年はマドンナスタジアムから愛媛県高校野球の殿堂である坊ちゃんスタジアムに場所を移し、「3年間高校野球でやったことは人生の中で糧になる。今日は補欠であろうと選手であろうと一丸となってやれた」と上甲監督も語ったように、3年生主力選手と1・2年生によるスタンドから送る声援の中、両校の選手たちは公式戦さながらのハッスルプレーを見せていた。


岩城慎也(3年)を出迎える松山北・井上伸二監督

また試合の中ではこんな感動的なシーンも。3回表・松山北の攻撃。平凡なファーストゴロにも果敢にヘッドスライディングする執念を示した先頭バッターの岩城慎也(3年)に、ベンチで出迎えた井上伸二監督は声をかけ、ヘルメットを優しく撫でる。そして岩城は監督のユニフォームを支えに肩を震わせて泣いていた…。

井上監督は試合後、声をかけた理由をこう語ってくれた。「岩城は野球が決してうまくないが、勉強をしっかりやりながら続けて野球をやってきてくれた子です。そしてやってきたものを今日表現してくれた。あれはおじいちゃんになっても孫に語れるヘッドスライディングになります」。

そう、ここも「僕らが輝く舞台」。夏の大会ではそれぞれの場所で闘うことになる彼らであるが、この日は間違いなく一人ひとりが一番の主役であった。

【結果】
済美 10-3 松山北

【バッテリー】
松山北:森田康平‐大北雅史
済美:石井裕介、泉井康佑-廣瀬翔人、福泉誠人


【関連記事】
もう一つの甲子園」(人間力×高校野球)

このページのトップへ