目次

[1]打てないチームと評されたスタート時。救世主となったバッテリーの存在
[2]名将も絶賛する主将・赤堀颯のキャプテンシー


 今年の春の東北王者・聖光学院(福島)。昨秋の東北大会では準優勝、さらに今春の東北大会では3試合連続逆転勝利を果たし、王者となった。今年の聖光学院は、信じられない底力を持ったチームで、東北大会の逆転劇は驚きの連続だった。いかにしてそんなチームになったのか。

トーナメント表
夏の甲子園の勝ち上がり

関連記事
ダントツの優勝候補の大阪桐蔭は何が凄いのか?大阪桐蔭に対抗できる優勝候補8校もピックアップ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧
甲子園注目選手

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権大会

打てないチームと評されたスタート時。救世主となったバッテリーの存在


 新チームのスタート当初は、期待値は低かった。
 斎藤監督は当時を振り返る。
「私は公式戦に出場するAチームをメインに見ていますが、下級生を中心としたBチームは横山部長を中心としたコーチが見ています。Bチームの特徴や戦力、強み、弱みをしっかりと報告を受けて、新チーム時に引き継ぎます。

 今年のチームは全く打てない。打つことは期待できない分、守備を磨き、小技で点をとっていくしかないチームと聞いていました。実際に見ても本当に打てないチームでした」

 これまでのチームを率いた斎藤監督からすれば、このチームで甲子園に出場できれば、奇跡的ともいえるぐらいの能力値だった。ただ、計算できたのは、エース・佐山 未来投手(3年)、山浅 龍之介捕手(3年)のバッテリーの存在だった。

 「引き出しの豊富さは歴代の投手でもトップクラス」と斎藤監督が評するように、佐山は8種類の変化球を投げる器用さを持つ。山浅は、斎藤監督も高評価するほどのリードの上手さ、スローイング、キャッチング技術の高さを持っていた。高い捕手技術は、楽天シニア時代のコーチの指導で培われたものだという。

 山浅のおかげで勝てた試合があった。むしろそれがなければ、ここまでの躍進はないと評価する。昨秋の福島県大会2回戦の磐城戦で、象徴的なシーンがあった。1対1で9回裏に無死二塁のピンチを招いた。磐城は犠打を試み、チャンスを広げたが、山浅はリードが大きい二塁走者を見逃さず、抜群の強肩で二塁走者を刺し、ピンチを防ぐ。山浅は「こういうプレーは普段の実戦練習から想定していたので、いつも通りできました」とチームに勢いをもたらすプレーだった。結局、延長11回表に3点を勝ち越し、4対1で勝利を決めた。

 そして東北大会では打線も好調。準々決勝はコールド勝ち、準決勝も強豪・青森山田に5対2で勝利。ここまでの勝ち上がりは、まさに佐山と山浅のバッテリーの力のおかげだった。

 センバツでは、二松学舎大附(東京)を9対3で破り、初戦突破。斎藤監督にとっては全国大会で9得点を挙げたことはかなり大きなことだったと評価する。
「最近の甲子園でも9点を挙げた試合はない。新チームスタートした時、打てないと言われていたチームが9点を挙げたことはうちの野球部にとって大きな試合でした」

 2回戦で近江(滋賀)に敗れたが、山田 陽翔投手(3年)と対戦できたことを肯定的に捉えていた。このレベルの投手を打てないと全国制覇はないという明確な目標ができた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。