目次

[1]守備の乱れから崩れた秋と春
[2]152キロ右腕以外にも2人の2年生実戦派左腕が


 春夏合わせて4度の甲子園出場実績を持つ大分県の藤蔭。2018年、2019年と2年連続で夏の甲子園出場を果たすなど、近年、大分県で特に勢いのある高校で、OBには広島東洋カープの一岡竜司投手もいる。

 チームを率いるのは2019年の2月に就任した、弱冠29歳の竹下 大雅監督。3年前、原 秀登前監督が体調を崩し、急遽部長から監督へ就任することになったが、 チームの持ち味を上手く引き継ぎ、見事2年連続の夏の甲子園出場。大きな試練を乗り越えて、大舞台を経験した。

 そんな若き指揮官率いる藤蔭だが、今季のチームは秋季大会では3回戦で、春季大会では準々決勝で敗れるなど苦戦が続いている。

守備の乱れから崩れた秋と春


 大分県日田市に学校がある藤蔭は、福岡県境に学校が位置していることから全校生徒の半分近くが福岡県から通い、硬式野球部員も約7割が福岡県出身。高速道路を走れば、30分ほどで佐賀県鳥栖市に行くこともでき、大分市内に行くよりもずっと近い。地理的な要因から大分県外の選手が多く、今年のチームの主力を務める選手も、福岡県や佐賀県出身の選手ばかりだ。

 練習を行っているのは、学校から6キロほど離れた場所にある平野球場。基礎体力作りが必要な新入生や投手陣は、この道のりをランニングで来ることもあるというが、基本的には選手たちは授業が終わるとバスで球場まで移動して練習に入る。

「部員は79名います。現在はA、B、Cと3チームまであり、B、Cチームも練習だけでなく実戦も入れながら経験を積ませるようにやっています。入れ替えも激しくして競争心を出していこうと思っているのですが、B、Cチームが向上心を持っていくところまで来ていないのが現状です」

 現状を語る竹下監督は、就任して今年で4年目を迎える。現在のチームは2年生右腕の松石 信八投手を中心に、選手たちのポテンシャルは決して低くないというが、ここまでは投打がかみ合わずに大会で結果を残せていないのが現状だ。

 秋季大会では3回戦で佐伯鶴城に10対3と大差で敗れ、春季大会でも準々決勝で国東に4対6で競り負け。2試合とも守備のミスから失点を許し、悪い流れを断ち切れぬまま打線もズルズルと打ち取られていくのが、ここまでの敗戦のパターンだ。

「春季大会では、守備のミスから出塁を許して失点に繋がるところがありました。内野も外野も、細かい守備のミスを改善していかないと夏も厳しい戦いになると思います。現在も守備練習に多く時間を取っていて、特に外野手は打球への入り方やカバーリングなど副部長の姫路がしっかりと指導しています」