進学校であり、スポーツ名門校としても知られている京都の洛南。昨年の東京五輪には、陸上競技の丸尾知司、桐生祥秀、三浦龍司、男子バスケットボールの比江島慎、男子バレーボールの大塚達宜と5名のOBが出場した。

 2008年創部の野球部はスポーツ推薦で入学してくる選手がおらず、附属中からの内部進学者と一般入試を経て入学した生徒で構成されている。一流大学の進学を目指しながら野球に取り組む彼らの素顔に迫った。

野球には考える時間がある


 グラウンドは京都市伏見区の向島にある。授業を終えた選手たちは最寄りの東寺駅から近鉄電車で向島駅まで移動して、グラウンドにやってくる。移動に30分以上かかるため、コロナ禍で短縮授業になっている現在でも練習開始は午後5時から。通常ならもっと遅くなってしまう。一日の練習時間が約2時間という制約の中で選手たちは文武両道に励んでいる。

 そして、洛南の大きな特徴といえば、監督が女性であることだろう。山村真那監督は大学までソフトボールをしていたが、野球経験はない。大学卒業後に介助職員として2年間勤務していた山城で野球部の指導を手伝うようになり、その後、赴任した洛南で2年目から監督を務めている。野球とソフトボールの違いについて、山村監督は次のように語ってくれた。

「野球は凄く遅いなと思っていました。ソフトボールは7回しかないし、距離も短いし、牽制もない。そういう意味ではソフトボールは試合の展開が速かったり、打球が速かったりというイメージがあるんですけど、野球に初めて携わった時には凄く遅い、考える時間がたくさんあるスポーツだなと思っていましたね」

 野球とソフトボールは似ているように見えるが、異なる点も多くある。野球経験のない自分が監督になったことで、「子どもたちに申し訳ない」と就任当初は思っていたそうだ。だが、コーチ陣の励ましもあり、「できることだけやろう」と気持ちを切り替えることができたという。

 就任してしばらくは勝てない時期が続いたが、就任5年目の夏に念願の公式戦初勝利。秋には敗者復活戦を含めて3勝を挙げている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。