目次

[1]グラウンド環境、寮生活から感じられる美化意識の高さ
[2]冬場の打撃練習でパワーアップ その要因はオフ期間で金属バットを持たない
[3]主将交代で団結力アップ


トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

大会特集
第94回センバツ大会概要
第94回センバツ出場校一覧
BIG4特集
第94回センバツ注目選手【投手】
第94回センバツ注目選手【野手】
インタビュー記事一覧
コラム記事一覧
2021年秋の大会 上位進出校一覧
出場校に在籍する日本代表経験者

 東東京をリードする名門・二松学舎大附は、今センバツで春夏合わせて10度目の甲子園出場となる。特に14年以降からは、夏4回、センバツ2回と、全国でもトップクラスの実績を誇っている。

 OBもロッテで活躍した初芝 清氏や、今季からDeNAの投手コーチを務める小杉陽太氏がいる。現役では、日本を代表するスラッガーで今季からMLBカブスでプレーする鈴木 誠也外野手、巨人の中継ぎで活躍する大江 竜聖投手、期待の2年目スラッガー・秋広 優人外野手、ロッテ新人の秋山 正雲投手がプレーしている。

 NPBだけではなく、巨人秋広の兄・涼太内野手が中央学院大の中心選手として活躍。東京ガスの15年の主将でもあった北本 一樹内野手がレギュラーとして都市対抗優勝を経験した。

 今回は二松学舎大附の強さに迫っていきたい。

グラウンド環境、寮生活から感じられる美化意識の高さ


 千葉県柏市にある二松学舎大附グラウンドは、二松学舎大附柏高校の校門から入り、グラウンドに向かっていくが、落ち葉がない。市原監督によると、土、日曜日の1日練習の場合、朝8時から1時間かけて掃除を行うという。

 練習よりも環境整備の方が大事という方針による。寮の中も非常に綺麗に整っており、当たり前の意識かもしれないが、TPOに応じた服装に対してもきっちりと指導をしている。

 身の回りをキレイにすること、服装をしっかりとすることは、一社会人では当たり前なことだが、二松学舎大附では野球以外のこともしっかりと教えこんでいる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。