目次

[1]投打の柱が飛躍
[2]甲子園の舞台でエースを投げさせる

 今年は夏の甲子園で初の8強入りを果たした兵庫の強豪・神戸国際大附。分厚い選手層で接戦をものにし、甲子園では全試合で1点差の好ゲームを演じ続けた。まずは、そんな神戸国際大附の今年の戦いぶりを振り返る。


投打の柱が飛躍


「つい最近だったのに凄く前のような感じがするんですけど、ふと思い出すと、3年生が西川 侑志キャプテン中心に悔いはありますけど、良いものを残してくれたかなと思っています」

 夏の甲子園をこう振り返ってくれた青木尚龍監督。2回戦敗退に終わったセンバツとの大きな違いはエース格の阪上 翔也(3年)の復調だろう。昨秋の近畿大会で痛めた右肘の状態が万全ではなく、センバツでは2試合とも先発して2回途中で降板していた。

 それが夏の甲子園では全4試合に登板して、2回戦の高川学園戦では完投勝利を飾るなど、主戦として機能。「まだまだ本来の力は出し切れていなかったと思う」(青木監督)と決して絶好調ではなかったが、彼が投手としてゲームを作れたことは大きかった。

 また、打線で核になったのが、主将で4番に座る西川だ。2本塁打に加え、3回戦の長崎商戦で逆転サヨナラ打を放つなど、大活躍を見せた。投打の柱になるべき3年生が要所で仕事をしたことが、躍進に繋がった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。