秋季埼玉県大会でベスト4に進出したのは、昌平春日部共栄、そして細田学園といった私学勢だった。全国制覇の経験がある花咲徳栄浦和学院らも含めた強豪私学が優勢にある埼玉県内で、大宮東は唯一公立校で準決勝まで勝ち進んだ。

 そうした実績を認められて埼玉県の21世紀枠推薦校に選出もされた。春は浦和学院の前に敗れたものの、傍から見れば県内の公立校のなかでは強豪である。さらに、過去の甲子園への出場実績や、取材時の練習の雰囲気を見れば公立、私立の枠組み関係なく、県内上位のチームであることは間違いない。

しかし、今回の取材を通じてチームの歩みを知れば知るほど、その裏側は違っていた。

公立革命=負けない野球をする


 「夏休みの練習試合であまり勝てなかったですね。先輩たちよりも力がなかったので、最弱とも言われてきました」

 今年のキャプテンを務める鈴木翔也は、チーム発足時のことを悔しそうに振り返った。チームを指揮する河西監督も「例年よりも打力が下がっているので、今まで通りの戦い方は難しい」と感じている部分もあったという。

 練習量で課題克服と行きたいところだが、新型コロナウイルスの感染防止策で、練習には制限を設けられた。分散で平日2回の練習で、1回の練習時間は90分という規則になった。加えて土日の練習もできないと言うことで、「苦しい状態からスタートしました」と河西監督もこれには苦労を強いられていた様子だった。

 加えて、昨夏の独自大会を経験した選手は誰もいない。本当に0からのスタートであるにもかかわらず、練習を通じてチームを作れない厳しい状況にあった。

 そこで河西監督は90分の練習時間で技術向上させるための練習をさせて、SNSを通じてコミュニケーションをとる形で、組織力を高める手段に出た。そのうえで、チームの指針となる言葉を2つ掲げた。

 1つが「最弱から最強へ」。そしてもう1つが「公立革命」という言葉だった。
 「埼玉県は私学優勢の勢力図になっています。そのなかで公立でも甲子園に行けるようなチーム、つまり埼玉県で優勝出来るチームになるために、練習方法を大きく変えました」(鈴木主将)

 埼玉で優勝する、甲子園まで勝ち続けるチームになる。試合で負けないようなチームを作るということだ。そうなれば、河西監督のなかでは「バッテリーを中心に失点を減らす負けない野球を目指す」というのはすぐに決まった。