4月から始まった春季東京都大会だが、例年とは少し形が違う。ブロック予選が新型コロナウイルスによって中止となり、出場校が64チームに絞られた。都内の多くのチームが春を戦うことなく終える形なった。

 ただ、なかには春の大会に出場すれば間違いなく躍進が期待されたチームもいる。その筆頭格が聖パウロ学園だった。

打撃練習は少ない本数で集中力高める


 機械ではなく人がプレーする以上、そうして目に見えない部分が大事な要素になってくる。どんな学校で、どういった野球をするではなく、どんな人がプレーをするのか。理論や理屈ではない部分を勝俣監督は選手たちへ指導して見極め、選手たちの可能性を最大限引き延ばそうとしている。

 その一環として聖パウロ学園が取り組んでいるのは、あえてバッティング練習の本数を減らし、少ない本数で打席内の集中力を高めると言った取り組みだ。この練習自体は勝俣監督がひらめきで出来たメニューだが、選手たちの中では効果は大きいようだ。

 「勝負強さといいますか、打席の中の集中力が高まりましたし、ここぞの場面でのヒットを出せるようになってきました」(新妻 凜)

 「どんなに泥臭くてもヒットを出そうと思えるようになったので、今はチーム打率が上がっていて練習試合でも打ち勝つことが増えてきました」(深沢 龍士

 こうした練習を含めて冬場のスイング量のノルマは1000スイング。ティーバッティング等を含めていいのであれば、決して達成できない数字ではない。むしろ選手によっては物足りないと感じてしまう人もなかにはいるだろう。逆に、勝俣監督はそこを狙って数字を設定していると話す。

 「元々、選手たちには『春には自信を持ってバットを振れるような練習をしていこう』と話をしていました。ただ辛いとか、やらされてバットを振るんじゃなくて、春から先を見据えて何か手ごたえを感じる。何かをつかみ取るような練習をやろうとしてきたので、意欲をもって自主的に増やしたことは良かったと思っています」

 ただ、ここまでの取り組みについて勝俣監督に総評をもらうと「まだまだ全然です。甘いと思いますよ」と少し苦笑いを浮かべながら評価する。あくまで求めるものは高いところにあり、合格点は与えることはなかった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。