目次

[1]怪我に泣いた現役時代 25歳の若さで監督に就任した足立監督
[2]乙訓、京都国際戦を経て


怪我に泣いた現役時代 25歳の若さで監督に就任した足立監督


 岡島 秀樹(元レッドソックスなど)ら数々のプロ野球選手を輩出し、春4回、夏4回の甲子園出場経験を持つ東山。2002年夏を最後に甲子園から遠ざかっているが、一昨年秋の近畿大会に出場するなど、激戦区の京都府において近年も安定して上位に顔を出している。

 昨秋はセンバツに出場した京都国際に3位決定戦でサヨナラ負けを喫し、あと一歩で近畿大会出場を逃した。夏は19年ぶりの甲子園出場を果たすべく、日々の練習に取り組んでいる。

 チームを率いるのは同校OBで30歳の足立 景司監督。高校時代は府内でも有名な投手で、卒業後は立命館大に進学。同期には金子 侑司(西武)がいた。大学でも活躍が期待されていたが、入学と同時にイップスになったこともあり、学生コーチに転身。その時の経験が指導者になってから役立っていると話す。

 「怪我が多く、自分の野球のキャリアを振り返ると、失敗することが多かったのですが、高校生を指導するにあたって、思うようにいかない選手の気持ちに寄り添って考えられるようになったと思います」

 大学卒業後に母校に戻ると、2016年4月に25歳の若さで監督に就任。その年にいきなり秋の府大会を制すると、その後も毎年のように上位に進むチームを作りあげている。

 コロナ禍で行われた昨夏の独自大会は3年生だけで戦った。部員間の投票で選ばれた山中 颯馬(3年)が主将となり、新チームがスタートしたが、例年以上に基礎ができていなかったと足立監督は振り返る。

 「去年の3年生は自分たちが最高学年なので、最後の大会に向けて、休校期間中に甲子園があるかわからない中でも各自で一生懸命に練習をしてくれた印象がありました。一方、下級生はそこまで当事者意識がないものですから、練習を重ねるのがなかなか一人の力では難しかったのかなと思います。そういう努力不足が如実に出ているような新チームのスタートでしたね」