「入学する時は都立で強いといえば日野というイメージがあったので決めました」(木下 孔晴

 数多くの都立高がある中で毎年注目を集める都立日野。東東京の都立小山台都立城東らとともに度の大会でも期待を寄せられ、今秋の都大会はベスト16まで勝ち進んだ。関東地の前に1対4で敗れ去ったものの、今大会も確かな爪痕を残した。

 来春、そして来夏も確実にマークされる都立日野だが、なぜ毎年結果を残し続けることが出来るのだろうか。

根底にあるのは競争意識


 市営立川球場が近くにある都立日野は、普段の練習であればサッカー部や女子ソフトボール部も一緒にグラウンドを使うような環境で選手たちは日々練習に打ち込む。西東京には優勝した東海大菅生や準優勝・日大三、そして国士舘など強豪私学と呼ばれるチームがひしめく激戦区だ。

 そんななかで都立日野が結果を残せるのはただ1つ。それは競争意識だ。

 「うちはずっと底上げで選手たちを育ててきました。激しいレギュラー争いで毎年チーム力を高めていますので、今の選手たちにも『今のメンバーがそのまま夏のメンバーだと思わないでね』と伝えています」

 チームを率いる嶋田雅之監督は決して決めつけをするのではなく、調子の良い選手を優先的に起用する。当たり前のことかもしれないが、そこを嶋田監督は徹底して行い、試合の中で見つけた課題を練習で克服していくことで成長を促している。

 そうした試合を通じて生まれる内発的なものだけではなく、外発的な働きかけもある。マネージャーが作業される小部屋には数字がずらりと並んだ表が掲示されている。中身を見ると、身長や体重に加えて防御率など様々な数値をマネージャーが計算して表にまとめている。

 「自分の成長を数字として出ているので実感がわいてきて、モチベーションが変わりますし、チームメイトの数字も見られるので、感じるものがあります」(島 叡司

 内発、そして外発的に競争意識が生まれるようにしている都立日野。では、実際に選手たちの中ではどのように感じているのか。

 「自分はライトのスタメンとして守っていますが、先輩の方が自分より守備が良いので、バッティングで結果を残した時は、『負けない』と思って競争意識は強くなります」(廣岡 太平

 「1桁の背番号をもらっても試合に出られるわけではないので、そこから競争意識が生まれますし、実際に相手チームを見て『負けないようにうまくなろう』と考えるので、そこでも競争意識が生まれています」(樋口 恵斗

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。