• トップ
  • コラム
  • 野球部訪問
  • 大阪の公立の雄・汎愛に入った「PL学園の血」。ソフトボールの塁間を用いるなど練習は工夫だらけ

第1046回 大阪の公立の雄・汎愛に入った「PL学園の血」。ソフトボールの塁間を用いるなど練習は工夫だらけ2020年10月15日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]赴任したばかりの監督をすぐに受け入れた3年生
[2]ソフトボールの塁間を用いた練習で握り替えの速さを培う
[3]秋季大会敗戦で浮き彫りになった実戦経験の無さ


 長年、大阪の実力派公立校として親しまれている汎愛高校。
2016年の春季大阪府大会ではベスト4に進出し、2017年の選手権大阪府大会ではベスト8に進出を果たすなど、市立高校でありながら毎年上位進出を狙える力を持っている。

 そんな汎愛に、この春から新しい血が入った。
4月に赴任した加納岳監督は、府内で唯一のPL学園出身の監督で今年33歳の青年監督。

 工夫した練習と選手との柔軟な関係を作り上げ、準備期間も少ない中で今夏の大阪独自大会ではベスト16に進出した。
加納監督に、汎愛での最初の夏を振り返っていただき、新チームの現在地についても伺った。

赴任したばかりの監督をすぐに受け入れた3年生



汎愛高校野球部を訪問!

 「学校に赴任したのは今年の4月で、 練習は6月15日から。それで1ヶ月後には大会という中で、選手たちはめっちゃ頑張ってくれましたし、ほんまに選手に助けられた大会だったと思います」

 この春に赴任した指導者にとって、今年の夏は一つの試練だったかもしれない。
 加納監督も例外ではなかった。

 短い期間の中で選手の名前、ポジション、特徴を覚え、大会臨める状態まで急ピッチでチームを作っていく。
 加納監督は一対一での面談やミーティングを繰り返す中で、選手の意向や気持ちを汲み取りながら方向性を決めてきた。

 その気持ちが通じたのか、選手たちも加納監督に歩み寄ろうと努め、その結果が夏の独自大会ベスト16という結果に結びついたと振り返る。

 「3年生にどんな練習をしていきたいか尋ねると、『先生の練習メニューをお願いします』と僕を受け入れてくれました。
 『こんな練習しようと思うけどどうする』と話を聞くと、全部やりたいですと言ってくれたので、これまでのやり方を残すところは残して、その中で少し色を出しながらやっていきました」

 その流れは新チームになった現在でも続いている。
 練習の意図や求めるものを伝えつつ、選手たちの意見にも耳を傾ける。いきなり色を出していくことはせずに、あくまで選手の意向を汲み取りながら練習を進める。

 夏の炎天下での練習にも関わらず、選手たちに悲壮感は全くない。
こうした小さな人心掌握術が、チームの士気を保っているのであろう。

【次のページ】 ソフトボールの塁間を用いた練習で握り替えの速さを培う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第11回 PL学園で主将・コーチとして培った武骨な精神は、寿司を握ることで今も生き続ける ふじ清・清水孝悦社長(PL学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
東海大仰星vs山田【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近大泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1022回 タレント揃いに見えても中学時代の実績はほぼゼロ。無名の逸材を次々と伸ばす近大泉州の育成方針【前編】【野球部訪問】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第1回 智辯和歌山 名誉監督・高嶋仁氏 ×PL学園元監督 中村順司氏 「練習時間の短縮化」と「野球人口減少」を名将たちはどう考えるのか?【変わりゆく高校野球】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
大阪 【高校別データ】
大阪偕星学園 【高校別データ】
大教大池田 【高校別データ】
大阪産大附 【高校別データ】
大阪商業大高 【高校別データ】
大阪商大堺 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
旭 【高校別データ】
生野 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
和泉 【高校別データ】
大阪府教育センター附属 【高校別データ】
春日丘 【高校別データ】
勝山 【高校別データ】
河南 【高校別データ】
高津 【高校別データ】
佐野 【高校別データ】
狭山 【高校別データ】
渋谷 【高校別データ】
住吉 【高校別データ】
成城 【高校別データ】
成美 【高校別データ】
西 【高校別データ】
長野 【高校別データ】
長野北 【高校別データ】
農芸 【高校別データ】
東 【高校別データ】
ビジネスフロンティア 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
府大工業高専 【高校別データ】
花園 【高校別データ】
南 【高校別データ】
岬 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
明星 【高校別データ】
八尾 【高校別データ】
山田 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム