• トップ
  • コラム
  • 野球部訪問
  • 激戦区・兵庫県の雄・市立西宮(兵庫)。3度の甲子園出場の歴史持つ、学業と両立するチームの強さの秘密

第1017回 激戦区・兵庫県の雄・市立西宮(兵庫)。3度の甲子園出場の歴史持つ、学業と両立するチームの強さの秘密2020年03月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
【市立西宮の練習の模様をギャラリーでみる】
[1]改革の根底にあったのはバスケットボール
[2]強豪私学を超えるために必要な自分たちの野球を信じること

 夏の甲子園での勝利数、そして優勝回数ともに全国3位の成績を誇っている兵庫県。全国でも屈指の激戦区には名門・報徳学園に、名将・狭間善徳監督がチームを率いている明石商。そして神戸国際大附などがひしめく地区で、春2回夏1回の甲子園出場経験を持つのが市立西宮

 公立校でありながら県内で存在感を示し、中日ドラゴンズでブレークが待たれる高卒2年目・山本 拓実を輩出。昨秋は県大会でベスト8まで進出し、兵庫県の21世紀枠推薦校へ選出された。そんな市立西宮の強さの秘密を知るためにグラウンドへ向かった。

改革の根底にあったのはバスケットボール



ティーバッティングをする市立西宮の選手たち

 グラウンドに到着すると、校庭の奥の方で野球部が練習をしている。手前ではサッカー部が練習をしており、校庭を他の部活動と共用で使っているのが市立西宮の現状。
 「センターではアメフト部とかも練習をしているので、普段使えるのは内野とレフトだけなんです」

 そう語るのは、市立西宮を率いる吉田俊介監督。チームに就任をされてから10年が経過した吉田監督は、決して恵まれているとは言えない環境の中で、選手たちをいかにして育成してきたのか。
 「最初は自身の経験してきたことを選手たちに伝えるのが早いので、それを伝えていきました。しかし、選手たちは自分ではないので、同じ練習でも感覚が違うんですよね」

 自分の経験を活かしたメニューでは選手たちがなかなか育たない。ではどうすればチームが育つのか。また、どうすれば自分の伝えたい技術を選手たちにわかってもらえるのか。選手たちを伸ばすため、試行錯誤をしている吉田監督の下に転機が訪れた。

 それはバスケットボールの練習を見ることだった。
 「全国大会にも監督として出場した経験を持つ人なんですが、面白い人なんです。バッティングとかノックってどこの学校でも同じだと思うんですが、『それって意味あるの。待ち時間も長いし、効率も悪い。そのプレーは試合に繋がるのか?』と言われたんです。正直答えるのに困ってしまい、バスケットボール部の練習を見に行きました」

 野球一筋だった吉田監督にとって、選手たちにやらせてきた練習は当たり前であって、普通なことだった。しかし、他競技の先生からの一言が吉田監督の心に響き、練習方法を変えることに繋がった。

 「できるだけ全員が動けるようにするのが、現在の理想ですね。アップの時でもバスケットからヒントをもらって、イメージを膨らませてエアーでノックを受ける動きを入れるようにすることで、想像した打球を捕る方法を考えるきっかけになると思っています」

 また練習できる時間は2時間程度と、場所だけではなく時間も限られている中で3学年60名ほど練習する市立西宮。すると全員で同じ練習するのは非効率だった。そこで吉田監督はグループに分けて入れ替えるようにすることで、少しでも多くの練習をできるように工夫した。

 「出来るだけ多くのボールに触れたり、打ったりする機会を増やす。また、自分が伝えたいことを選手たちにわかってもらうために、いろんな練習を経験させる。その上で、自分たちで考えさせるようにしています」

【次のページ】 強豪私学を超えるために必要な自分たちの野球を信じること

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第90回 強竜復権へ!竜の黄金世代の小さな巨人・山本拓実(中日ドラゴンズ)【高校野球コラム】
第931回 明石商、神戸国際大附の二強を阻むのは?激戦区・兵庫は序盤から熱い!【兵庫大会展望】【大会展望・総括コラム】
市立西宮vs甲南【兵庫県 2019年春の大会 平成31年度春季兵庫県高校野球大会】
第611回 勝つ確率の向上を呼び込む徹底力とフィジカルでまだ見ぬ景色は甲子園で見る!明石商【後編】【野球部訪問】
神戸国際大附vs神戸弘陵【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs須磨翔風【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立西宮vs宝塚西【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
第665回 柳野友哉(神戸中央シニア)高い向上心で侍ジャパンの4番を掴んだ男! 【2018年インタビュー】
市立西宮 【高校別データ】
兵庫県大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

野球部訪問トップに戻る サイトトップに戻る

コラム