野球部訪問

2020.07.31
「感謝」を掲げて大会に臨む創価。持ち味の守備力を取り戻して東京の頂点狙う
昨夏、あと一歩のところで甲子園出場を逃した創価。昨秋も準決勝で帝京に逆転負けを喫するなど、3年生は苦杯を味わい続けてきた世代だ。甲子園出場の目標が無くなった今どんな思いを持って大会に臨んでいるのか。
2020.07.27
東東京で台頭した新勢力・共栄学園。「終盤の強さ」を携えて夏は大物食い目指す
近年、東京で新進気鋭のチームとして注目を浴びる共栄学園。原田健輔監督も「予想以上に多くの部員がいて期待も大きい世代」と話す今年のチームだが、夏への思いに迫った。