西舘勇陽(中央大)、常廣羽也斗(青山学院大)、細野晴希(東洋大)、松本凌人(名城大)

期待度ランキング
・30位-21位
全国レベルの二刀流、好捕手、好遊撃手、スラッガーなどを選出!
・20位-11位
全国レベルの本格派右腕&左腕を多数選出!高卒プロ入りの可能性も!
・10位-1位
世代を代表する剛腕、スラッガーが集う中で、今年の暫定No.1になったのは?

一覧
2023年高校生ドラフト候補リスト
2023年大学生ドラフト候補リスト
2023年社会人ドラフト候補リスト

 今年の大学生はハイレベルな選手が多く、ドラフト的には大豊作の1年として期待されている。今回は、ドラフト期待度ランキングとしてベスト20を紹介したい。

 10位から1位は、殆どの選手がドラフト上位から1位を期待できる逸材。この中から1位指名選手が誕生するか。

10位 松浦 佑星内野手(富島ー日本体育大)



松浦佑星(日本体育大)

首都リーグでは別格のパフォーマンスを見せる好遊撃手。抜群の脚力で二塁打、三塁打を量産。さらに高校時代から光っていた遊撃守備にも磨きがかかっている。スター性を秘めた選手で、今年のリーグ戦でも打撃成績で突き抜けた成績を期待したい。

9位 辻本 倫太郎内野手(北海ー仙台大)



辻本倫太郎(仙台大)

23年の大学生ではNo.1の守備力を持った遊撃手。明治神宮大会でも本塁打を放つなど、打撃にも磨きがかかっている。チームにとって頼もしいと思わせるほど明るく、エネルギッシュな人柄も魅力だ。好投手揃いの東北福祉大を破り、再び大学選手権に導く活躍できるか注目だ。

8位 進藤 勇也捕手(筑陽学園ー上武大)



進藤勇也(上武大)

23年の大学生No.1捕手。視野の広さに加え、常に2秒切りのスローイングで、多くの走者の盗塁を阻止してきた。多くの好投手から強打を魅せてきた打撃技術もある。進藤とバッテリーを組んだ投手陣からの評判も高い。将来の正捕手候補を獲得したい球団はマークするべき逸材だ。

7位 廣瀬 隆太内野手(慶應義塾ー慶應大)



廣瀬隆太(慶應大)

東京六大学通算14本塁打と長打力を誇る。廣瀬が打席に立った時の恐怖感は他の打者にはないものがある。今年は高校生、大学生ともにスラッガーが豊富だが、打席内での割り切りができていて、マインド的には一番好みのスラッガーとしてこの順位にさせていただいた。今年も突き抜けたパフォーマンスを発揮できるか注目していきたい。

6位 冨士 隼斗投手(大宮東ー平成国際大)



冨士隼斗(平成国際大)

最速155キロをマークする剛速球右腕。強化合宿で直球の最遅が149キロで、最速は155キロ。プロの中継ぎ投手と比較しても負けていない速球を投げ込む。投球フォームもよく、変化球の精度も全く悪いわけではなく、制球力も悪くない。伸びしろはたっぷりある逸材だ。今年は1年間通して活躍できるか注目していきたい。

5位 上田 大河投手(大阪商業大高ー大阪商業大)



上田大河(大阪商業大)

ポテンシャルの高さでいえば、1位を狙える投手。150キロ前後の速球と多彩な変化球を投げ分けてゲームメークできる。スケール感もあり、過去にも好投手を多く輩出している大阪商業大のなかでも、最も1位を狙える器を持っているといえる。春秋のリーグ戦、大学選手権、明治神宮大会、大学日本代表とフル回転した影響か、強化合宿はかなりお疲れモードの投球だった。しっかりとケアをして、完全復活することが課題といえる。それを克服できれば、1位候補に挙がること間違いない。

4位 西舘 勇陽投手(花巻東ー中央大)



西舘勇陽(中央大)

実力的には1位指名相当の投手。リーグ内の実績も高く、安定して150キロをマークできて、スライダー系統の変化球の精度も高い。リーグ戦、12月の強化合宿を見た時、相対的に見るとやや劣っているように感じるところがあった。他の試合では安定して150キロ台を連発している試合もあり、評価が分かれるかもしれない。

中央大で一流投手となった投手といえば、NPB、MLBで活躍する澤村 拓一投手(佐野日大出身)がいるが、澤村のラストシーズンは安定して150キロを超え、なおかつ変化球の精度も高く、パワーピッチャーとして際立っていた。パワーピッチャーとして尖ってくれば、見方は変わっていく可能性はある。

3位 松本 凌人投手(神戸国際大附ー名城大)



松本凌人(名城大)

主にクローザー役として活躍した安定感抜群の剛腕サイドハンド。140キロ後半の速球に、曲がりが鋭いカットボール、スライダー、ツーシームを駆使した投球は短いイニングで打ち崩すのは困難。先発もこなせる引き出しはあるが、リリーフとして登場した時の安定感は絶対的なものがある。近年、サイドで活躍するタイプも増えてきており、23年シーズンではどんな投球を見せるのか、注目したい。

2位 常廣 羽也斗投手(大分舞鶴ー青山学院大)



常廣羽也斗(青山学院大)

高校時代から大きく成長し、一気に飛躍した153キロ右腕。NPBのスカウトが好むタイプとなっている。細身でありながら、体全体を使った投球フォームで、安定して140キロ後半の速球をマークし、スライダーだけではなく、チェンジアップ、カーブなど緩急を使った投球は絶妙。打者との間や投球の強弱をうまく使った投球をみせるなど、先発向きの投手。東都1部で圧倒した成績を残せば、1位候補に挙がる投手ではないだろうか。

1位 細野 晴希投手(東亜学園ー東洋大)



細野晴希(東洋大)

今年の大学生を代表する大型左腕。高校時代から評判の逸材で、当時は牽制がうまい左腕という印象だった。だが、大学3年間で一気に球速がアップ。高校時代は常時135キロ前後で最速140キロだったが、今では常時140キロ後半で最速は155キロ。調子が悪くても、140キロ後半をたたき出すまでの馬力を持った投手へと成長した。スライダー、チェンジアップなどの精度も高く、三振を奪える投手である。

コントロールが不安定なところもあり四球が多いなど課題はある。能力の高さの割には投球内容が悪いこともあるが、ドラフト1位候補に挙がる人材である。この投手が目玉級になるには、まず東都2部で圧倒的な成績を残すこと。K/BBの数値が22年より上回ることを期待したい。そして大学代表に選ばれ、圧倒的なパフォーマンスを魅せることではないか。

大学生左腕では楽天で活躍する早川 隆久投手(木更津総合出身)のような目玉になる可能性がある。早川も4年シーズンで圧倒的な投手成績を残した。細野も早川のようなストーリーを実現してほしい。

(記事=河嶋 宗一