髙尾響、津嘉山憲志郎、南陽人、小川哲平


 2022年シーズンも、公式戦が終わり、オフシーズンとなった。今年の1年生は入学前から評判が高かった。今回は活躍を見せた1年生について振り返っていきたい。

 投手では、大阪桐蔭(大阪)の投手陣の活躍が光った。南 陽人投手は、松原ボーイズ時代から速球派投手として評判だった。1年秋からベンチ入りし、安定した140キロ台の速球は2年生にも引けを取らない。境 亮陽投手も投げては140キロ台の速球をマークし、打者としても明治神宮大会で本塁打を記録。能力が高い選手として注目していきたい。近畿大会で登板した144キロ右腕・平嶋 桂知投手も成長が期待できる。

 甲子園でも好投を見せた八戸学院光星(青森)の左腕・洗平 比呂投手も完成度が高く、2年後には東北地区を代表する投手になりそうだ。

 作新学院(栃木)の小川 哲平投手は、中学時代から評判で、高校野球ドットコムでも中学時代に取材を行い、力強い速球を見せてもらった。今でも順調に140キロ後半の速球をたたき出しており、全国デビューとなれば、話題となる剛腕であることは間違いない。好投手育成に定評のある専大松戸(千葉)は1年生にも逸材が多い。梅澤 翔大投手は高校3年には140キロ後半を投げていてもおかしくない。コマのように体を使い、鋭く腕を振って投げ込む。楽しみな逸材だ。

 昌平(埼玉)の石井 晴翔投手は130キロ後半の速球を投げ、さらに打撃センスも高い期待の左腕だ。帝京(東京)の西崎 桔平投手は身体能力が高く、投げては130キロ後半の速球を武器に打者に立ち向かう。打者としてもシャープな打球が光るなど、高卒プロを狙える逸材となれるか。

 東海大相模(神奈川)の藤田 琉生投手も期待の大型左腕。県大会でも登板し、来年へ向けてどれだけパワーアップできるか。慶應義塾(神奈川)の小宅 雅己投手も完成度が高く、130キロ後半の速球と切れの良いスライダーで翻弄する。

 星稜(石川)の左腕、佐宗 翼投手もセンス抜群で、2年後には北信越を代表する投手として注目を浴びそうだ。

 速球派右腕、神戸国際大附(兵庫)の津嘉山 憲志郎投手は、今年の近畿大会の大阪桐蔭戦でも力投を見せた。好調時は140キロ後半の速球と切れ味抜群のスライダーで翻弄し、その能力の高さは本物だ。

 広陵(広島)の髙尾 響投手は飯塚ボーイズ時代から評判で、明治神宮大会でも好投した。中井監督によると、故障明けで、本調子ではなかった。来年にはパワーアップした投球を見せることを期待したい。

 高校生投手は1年冬から急激に成長し、一気にドラフト候補へ成長するパターンが多い。それを知るべく、高校野球ドットコムでは全国を駆け回って取材を行っており、好投手は再度紹介したいと思うので、楽しみにしていただきたい。

(記事=河嶋 宗一