今年のドラフトは目玉選手の指名も話題になるが、指名漏れの選手についても話題となってしまう。その中でも話題性十分の立教大のスラッガー・山田 健太内野手(大阪桐蔭出身)の指名漏れも大きな話題となった。


山田健太(立教大)

【改めて山田の強みを考える】

 183センチ、87キロの大型内野手。東京六大学では、通算9本塁打、通算打率.291、通算38打点と数字は高いレベルで、まとまっていて、大学日本代表にも選出された。野球以外の強みとしてもルックスレベルが高い。名門・大阪桐蔭で3度の甲子園出場を経験し、知名度も抜群。人気獲得面で高い貢献ができる。

【どこが抜かったのか?】

 通算成績を見ると、よくいえば、どの数字も高水準であるが、悪く言えば、まとまっているものの、突き抜けていない。最高打率は1年春の打率.375で、4割どころか、1年秋以降、打率.350以上をマークしたシーズンがない。

 最高本塁打は2。最多打点はこの秋にマークした8だ。打撃で勝負するタイプは、巨人2位指名を受けた慶應義塾大のスラッガー・萩尾 匡也外野手(4年=文徳)のように1シーズンで5本塁打前後をマークするか、通算本塁打は変わらなくても、打率.350以上は常にマークし、三振はほとんどしない。10打点以上はしっかりと記録するほどの勝負強さがないと、「打撃型野手」としては弱すぎる。

 山田の打撃を見ると決して技術は低いわけではなく、捉えた時の打球の飛距離は惚れ惚れするものがある。ただ、それが続かない。二塁手守備も際立つものではない。大学候補合宿での守備を見ると、やはり厳しいものを感じ、打撃型野手で勝負せざるを得ない。突き抜けた結果を残せなかった。そこがプロのスカウト側が二の足を踏んだ結果になったのではないか。