期待度ランキング
・50位-41位
全国舞台で活躍してきた左腕、伸び盛りの右腕などを選出!
・40位-31位
超高校級捕手、大型左腕、スラッガーなどを多く選出!
・30位-21位
全国レベルの大型スラッガー、トップレベルの強肩捕手を選出!
・20位-11位
152キロ右腕、将来性抜群のプロ向きの速球派右腕がランクイン!
・10位-1位
イヒネ、浅野などスター選手が揃う中で、No.1に輝いたのは…!

プロ志望届提出者一覧
高校生154人
大学生187人

一覧
2022年高校生ドラフト候補リスト
2022年大学生ドラフト候補リスト
2022年社会人ドラフト候補リスト
2022年引退者・退団・戦力外リスト

 高校野球ドットコムの大人気企画「期待度ランキング」。特にドラフト前に行うランキングは、最も注目度が高い。今回はプロ志望154名から上位50名を選出させていただいた。

 いよいよベスト10である。能力の高さ、将来性、スター性すべてにおいて優れ、球界を代表する選手になるかもしれない逸材を選んだ。

10位 山田 陽翔投手(近江


山田陽翔(近江)

 今年の高校生をドラフト的な観点でみた時、近江山田 陽翔投手より素材的に魅力がある逸材はいる。ただ、それでも山田をこの順位にしたのは、場数をかなり踏んでいるということ。2年夏に甲子園出場してからいずれもベスト4以上と、その実績は計り知れないものがある。

 もちろん能力においても、140キロ後半の速球、140キロを超えるツーシーム、130キロ台のスプリット、スライダーといった各種変化球も素晴らしい。

 山田は課題を設定して、それを克服して努力できる姿勢。大舞台の中でも力を発揮できるメンタリティの強さ。プロで生き残るのはこういう投手ではないかと思わせる投手だ。

 打者としても荒削りなフォームながら本塁打量産できる強みがあるが、マインド的に投手として見てみたい。どんな進化をたどるのか楽しみだ。

9位 大野 稼頭央投手(大島


大野稼頭央(大島)

 多くいる左腕の中で、今年はこの投手が一番だと実感した。躍動感のある投球フォームで、140キロ前半の速球、切れ味鋭いスライダーはいずれも精度が高く、今年の高校生左腕の中でも最も質が良い。緩急を使った投球ができるのも魅力的だ。

 投球フォームも下半身の強さ、柔軟性の高さを生かしたもので、さらに伸びると思わせるものがある。3年かければ、一軍の先発投手として投げられる可能性を感じさせる潜在能力も秘めており、どんな成長をたどるのか楽しみだ。

8位 田中 晴也投手(日本文理


田中晴也(日本文理)

 1年前からドラフト上位候補として注目されていた剛腕。昨年、甲子園で敦賀気比から打ち込まれた経験を活かし、しっかりと実戦的な投手へ成長をしていた。体全体を使って140キロ中盤の直球はキレがあり、ドラフト前の取材でみたストレートは意外とキレ型の球質なんだと実感させられた。

 マメが潰れた甲子園ではなく、力投を続けた新潟大会の投球を振り返ると、コントロール重視の140キロ中盤の速球を続け、スプリットの精度も高く、しっかりと投手として成長を見せていた。

 馬力もある投手なので、さらに投球動作を極めれば、常時150キロ台も十分期待できる投手。パワー型の先発投手として化けることを期待したい。

7位 斉藤 優汰投手(苫小牧中央


斉藤優汰(苫小牧中央)

 斉藤は広島がドラフト1位指名することを公表した大型右腕。ワインドアップから振りかぶる140キロ後半の速球、スライダー、フォークなど多彩な変化球を投げ分け、圧倒する本格派。1球1球のボリュームは1位指名に挙がるにも理解できる。

 ただ、フォーム、投球術などいろいろ課題を持った投手で、ヤクルト・奥川 恭伸投手(星稜)、中日・高橋 宏斗投手(中京大中京)のように高卒2年目から明確にローテーションを担える投手であるかというと、現時点ではない。ただ、リターンはかなり大きい投手なので、広島の育成力に期待をしてみたい。

 育成しなければならない素材だといえる。

6位 川原 嗣貴投手(大阪桐蔭


川原嗣貴(大阪桐蔭)

 急激な追い上げで、世代No.1投手まで成長した怪腕。U-18ワールドカップ、国体と順調に素質を伸ばし、圧巻の投球を見せた投手は、大きなアドバンテージとなる。その上で川原は188センチと上背にも恵まれており、角度のある145キロ前後のストレートは何より魅力的。130キロ後半のカットボール、130キロ前後のスプリット、スライダー、110キロ台のカーブを織り交ぜ、投球の幅も広く、終盤でもクオリティが落ちない。

 近年、プロ入りした大阪桐蔭の投手陣でもトップレベルの力量で、将来性も安定感も兼ね備えた大型右腕として6位にさせていただいた。