ドラフト指名漏れから「ドラ1」になった選手や、球界で活躍している選手は多くいる。DeNAの守護神として活躍する山﨑 康晃投手(帝京出身)、20年巨人ドラフト1位の平内 龍太投手(神戸国際大附出身)、20年西武ドラ1位の渡部 健人選手(日本ウェルネス茨城出身)と、高校時代の悔しい経験を味わってから大きく成長した選手は多い。

 21年の指名漏れ選手は近年でもトップレベルの人材といわれており、3年後、または4年後のドラフト上位候補になる可能性を持った逸材が多い。今回はそんな選手たちの進路や、現在の活躍について紹介したい。今回は大学生・社会人投手編。

 注目は愛工大名電寺嶋 大希投手ではないだろうか。140キロ後半の速球と多彩な変化球を投げ分け、甲子園でも活躍した。パフォーマンス面においても、実績を見ても、指名漏れした投手の中ではピカイチ。アピールできていたが、指名漏れとなった。

 卒業後はNTT東日本へ進んでいるが、実戦力が高い投手なので、3年後にはドラフト上位候補へ成長してもおかしくない。

 日本大に進んだ市川 祐投手(関東一)も実戦力ならば、ピカイチの投手。最後の夏は140キロ後半の速球と130キロ台の高速変化球を自在に操る投球は見事だった。市川の持ち味を発揮するのは、これからになりそうだが、逸材投手が多く集まる日本大といえど、これほどの投手が入部するのは非常に稀であり、日本大から巨人に入団した赤星 優志投手(日大鶴ヶ丘出身)のようにドラフト上位候補を狙える能力は十分に秘めている。

 東北福祉大に進んだ堀越 啓太投手(花咲徳栄)、滝口 琉偉投手(日大山形)も期待が高い。堀越は140キロ後半の速球にハイレベルなスライダーを武器にする速球派右腕で、滝口も威力抜群の150キロ前後の速球で勝負する剛腕。投手王国・東北福祉大でどんな進化をたどるのか注目していきたい。山岸 翠横浜創学館)は右サイドから140キロ中盤の速球と切れ味鋭いスライダーを持ち味に展開する。意識も高く、取り組み姿勢も良い投手なので、どんな成長を見せるか楽しみだ。

 昨年、岡山大会決勝まで勝ち進んだ147キロ右腕・大槇 優斗投手(おかやま山陽)は金沢学院大へ。力強い速球が持ち味なだけに大化けすることを期待したい。

 上坂 真人投手(北大津)は西日本工業大へ進学し、早速、先発デビュー。140キロ前後の力強い速球、変化球を丁寧に投げ分ける投手だ。

(文=河嶋 宗一