2022年がスタートした。2021年度は投手大豊作の1年だったが、今年は野手が目立つ1年となっている。今年も年初めに、活躍が期待される選手をランキング形式で紹介していく。今回は20位から1位を一挙に紹介したい。

2022年ドラフト期待度ランキング【大学生】
■20位ー11位
東都、東京六大学、各地方リーグを代表するスラッガー、スピードスター、怪腕を選出
■10位ー1位
激戦区のドラフト上位候補から1位を勝ち取ったのは?

2022年ドラフト期待度ランキング【高校生】
■30位ー21位
190センチのサブマリン、全国レベルの大型捕手などを選出!
■20位ー1位
2022年は打者優位の1年!?大型スラッガー、大型投手、好左腕など..

20位〜11位



戸井(天理)、榎谷(山梨学院)、越井(木更津総合)、門別(東海大札幌)、田代(花巻東)

20位 森山 陽一朗投手(広陵
真っ向から振り下ろす最速143キロのストレート、120キロ後半のフォーク、スライダー、100キロ台のカーブと、縦変化で勝負する右腕。もう少し投球の抜きどころを覚え、さらに球威アップすれば、打たれにくい投手となるだろう。

19位 戸井 零士内野手(天理
強肩強打の遊撃手。リストが強く、他の選手と比べても打球の伸びが違う。天理は例年、ポテンシャルが高い内野手が出てくるが、スケール、パワー、将来性ともにトップクラスの逸材だ。

18位 門別 啓人投手(東海大札幌
140キロ後半の速球で圧倒する好左腕。フォームに粘りが生まれ、打ちにくさが出てくれば面白い。秋では足の故障を抱えていた。故障が治って、投球にどう影響を与えるか気になる。

17位 渡部 海捕手(智辯和歌山
甲子園優勝に大きく貢献した強肩強打の捕手。修羅場をくぐり抜け、勝ち抜いた経験は他の選手にはない経験値の高さがある。秋の県大会準決勝で負けた経験も力に変えることができるか。春、夏とトップレベルの実績を残せばドラフト候補に入る選手だろう。

16位 田代 旭捕手(花巻東
高校通算40本塁打を超える強打の捕手。スローイングも速く、視野の広さも感じさせる。

15位 藤本 逸希投手(享栄
130キロ後半の速球、切れのある変化球で秋の愛知大会5試合、防御率0.60と圧巻の投球を見せてくれた。140キロを超えることは少ないが、完成度の高さからドラフト候補としてマークするべき逸材だ。

14位 武元 一輝投手(智辯和歌山
最速148キロを誇り、打者としても長打を量産する二刀流。潜在能力は非常に高く、智辯和歌山が夏の甲子園出場するには、武元の総合力アップが不可欠だ。

13位 楠本 晴紀投手(神戸国際大附
185センチの長身から最速144キロの速球を誇る大型左腕。スライダーの切れ味もよく、スケールの大きさを見れば高卒プロを狙える大器。この1年は同世代でも突出したパフォーマンスを発揮できるか注目をしていきたい。

12位 越井 颯一郎投手(木更津総合
秋季関東大会準々決勝・東海大相模戦で140キロ中盤の速球で圧倒した速球派右腕。カーブの使い分けがうまく、回転数が高い速球で圧倒する投球は見ていて爽快だ。木更津総合のエースらしい総合力が高い。全国舞台でも十分活躍が期待できる。

11位 榎谷 礼央投手(山梨学院
関東大会でも抜群の安定感を発揮した右の好投手。140キロ台の直球、切れのあるカットボールを交互に投げ分け、防御率1.67を記録。完成度、球の勢いが備わった好投手で、そのまま伸びて、全国大会でも好投を見せれば、右投手トップの評価を受ける可能性がある。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。