北海道から関東地区の好投手


 北海道では、全道優勝のクラーク記念国際に、140キロを超える速球とキレのあるスライダーで次々と三振を奪う辻田 旭輝がいる。また、ベスト4に終わったものの、140キロ後半の速球を投げ込み、道内屈指と評される左腕・門別 啓人東海大札幌)も、高卒プロを狙える投球ができるか注目したい。

 下級生時代から140キロ中盤の速球を投げ込む右腕・住吉 壮野(北海道大谷室蘭、また知内の坂本 拓己も最速147キロ左腕を誇る逸材。最速148キロを誇る斉藤 優汰(苫小牧中央)もいるなど、南北海道に逸材が揃い、北海道担当スカウトは南北海道を中心に行脚する日々となりそうだ。

 東北地区では140キロ後半の速球を投げ込む右腕・斎藤 響介(盛岡中央)、1年生の時から実績のある143キロ左腕・古川 翼仙台育英)の好投に注目だ。

 関東地区では、茨城県に好投手が集まり、ともに140キロを超え、県内屈指の右腕として注目されている赤羽 蓮(霞ヶ浦)、渡辺 夏一(霞ヶ浦)も面白い。そして県大会で151キロを記録したというバルカー・ブライアン(常総学院)も気になる存在だ。彼が1年生だった時に常総学院のグラウンドに訪れた時、まだあどけない表情が印象的だったので、大化けしている情報を聞いて驚きを隠せない。もう一度、詳しい情報を追っていきたい。大川 塁鹿島学園)も躍動感のあるフォームから140キロ前半の速球を投げ込み、甲子園でも好投を見せた。

 桐生第一北村 流音も145キロを計測し、関東地区屈指の完成度の高さを持った投手だ。

 埼玉では最速144キロの剛腕・石橋 凪仁(いしばし なぎと・武南)に注目。175センチの身体を目一杯使ったフォームから、キレの真っすぐと、多彩な変化球を投げ込む。秋は地区予選で姿を消したものの、ポテンシャルは素晴らしいものがある。また、最後の夏は150キロ到達、そして高卒プロ入りを狙うという高い志をもっている。将来的には小島 和哉(千葉ロッテ)のような左腕に育つ可能性がある宮城 誇南。県大会で急激に評価を上げたのが、吉川 悠斗(浦和麗明)で、184センチの長身から130キロ後半の速球を投げ込む。一冬超えて、コンスタントに140キロ超えができるか注目したい。

 千葉県では、圧倒的な戦いぶりで県を制した木更津総合のエース・越井 颯一郎がいる。全身をバランスよく使った投球フォームから、140キロ前半の速球とスライダーで押す投手だ。回転数の高いストレートで空振りを奪うことができる。そして、ベスト4に入った市原中央松平 快聖は希少価値が高いアンダースローで、130キロ前後の伸びのある快速球は想像以上に打ち難い。スライダー、カーブ、シンカーいずれも精度が高く、攻略が困難。ネット裏から140キロを超えるオーバースローと比較しても体感速度は同等なので、ストレート、変化球の精度をさらに上げればもっと話題になる投手だといえる。

 神奈川県では、まず逸材揃いの東海大相模投手陣の中で、180センチの大型右腕・求 航太郎がドラフト候補に挙がるか。秋にかけてさらにスケールアップしており、常時130キロ後半〜142キロを連発し、120キロ前半のスライダーも良い。関東大会でどこまでアピールできるか注目したい。松本 直鎌倉学園)も180センチ87キロと恵まれた体格から最速142キロの直球を投げ込む。投手としてのスケールの大きさは全国的に見てもトップクラスなので、大化けをしてほしい。

 東京では、130キロ後半の速球を投げ込む加藤 宇(堀越)は伸びしろを感じる素材で、来年には140キロ中盤の速球を投げ込む可能性を秘めている。