期待度ランキングも20位に突入。ここからはガチの超高校級選手を取り上げていく。彼らの凄さを存分に語っていく。


20位〜16位


20位 味谷 大誠花咲徳栄
花咲徳栄は15年から6年続けてドラフト指名が続いていて、この選手の評価が急上昇しているという。春から夏にかけてのパフォーマンスは素晴らしかった。打撃は岡﨑 大輔西川 愛也の左打者に負けないものがあり、肩は強肩。脚力も素晴らしいポテンシャル型の捕手だ。栗原 陵矢(ソフトバンク)の高校時代を思い出す選手だ。

走攻守三拍子揃った大型捕手 花咲徳栄の6年連続高卒指名も期待

19位 前田 銀治三島南
ドラフト前になって水面下で評価が大きく上がっているのが前田 銀治だ。この選手の魅力はなんだろうといえば、恵まれた体格を生かした完成度の高い打撃技術、俊足、強肩だ。骨格も太く、本塁打を量産する可能性を持った逸材だ。現在は11球団の調査書が届いている。

身体能力抜群の外野手。今回のドラフト市場で大きく注目度が上がっている一人

18位 松浦 慶斗大阪桐蔭
最後の夏にかけて復活。大阪大会準決勝、決勝の2試合は松浦の良さが存分に発揮された。フルスロットルで投げる140キロ後半の速球は、威力抜群。さらにスライダー、チェンジアップでも勝負できる。ストレートだけのように見えるが、意外と器用な面もある。しっかりと積み上げができれば、小笠原 慎之介東海大相模-中日)のような左腕へ成長する可能性もある。

破壊力抜群の140キロ後半のストレートの威力は世代屈指

17位 寺嶋 大希愛工大名電
完成度の高い投球を持ち味にする本格派右腕で、速球の威力、変化球の種類も多い。フォームのバランスもよく、将来はローテーション入りも十分期待できる投手。フォームバランスが良い右の好投手タイプでは、平均球速、ボールの強さが一番だったため、17位となった。

フォーム技術、投球術、ボールの強さ どれも一級品の好投手

16位 粟飯原 龍之介東京学館
高校通算33本塁打の大型遊撃手。数多い好遊撃手の中で一番評価となった。まず今年の遊撃手の中で最もスケールがあること、打撃技術の高さがあり、俊足、強肩、肉体的なパワーの三要素が備わっていること。良い遊撃手は多いのだが、高卒プロという観点で考えた時、ポテンシャルの凄さが重要になる。そうなると栗飯原がNo.1という評価に落ち着いた。

今年の高校生遊撃手ではピカイチのポテンシャル