第129回 【小関順二のドラフト指名予想】福岡ソフトバンクホークス編「3、4年先を見据えて!今年も高校生主体の指名か?」2017年10月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 今年も引き続き高校生主体の指名か?
[2] 九州勢の上位指名に期待!

福岡ソフトバンクホークス 今季戦績

 143試合 94勝 49敗 0分 勝率.657 セ・リーグ1位(2017年度シーズン終了現在)

今年も引き続き高校生主体の指名か?



柳田 悠岐(福岡ソフトバンクホークス)

 08年以降の過去10年間、Bクラスはわずか2回で、リーグ優勝5回、日本一3回を誇る現在のプロ野球界の最強チーム。今季はチーム防御率3.22が12球団ナンバーワン、チーム打率.259が12球団中3位とスキがない。

 タイトル獲得者を見ると、投手部門では最多勝が東浜 巨菊池 雄星と受賞)、勝率1位が千賀 滉大、最多セーブがサファテ、最優秀中継ぎが岩嵜 翔と人材が揃い、攻撃部門ではデスパイネが本塁打王、打点王の二冠、柳田 悠岐が最高出塁率に輝いている。今後ベストナイン、ゴールデングラブ賞が決まればそこに今宮 健太、松田 宣浩という名前も加わってくるだろう。

 こういう人材が豊富に揃っている球団は3、4年先を見据えたチーム作りをする。2014、15年には高校生を主体にした指名を展開し、16年も1位の田中 正義以外の3人は高校生だった。彼らの輩出スピードが遅いが、17年は13 年4位の上林 誠知が規定打席に初めて到達し、13本塁打、51打点という成績を挙げ、10年育成6位の甲斐 拓也がリーグ3位の盗塁阻止率.324を記録、14年1位の松本 裕樹は一軍で2勝4敗という成績を残した。高校生主体のドラフト戦略が間違いでなかった、という手応えがあった今年は引き続き高校生主体の指名が行われそうだ。

 1位入札は清宮 幸太郎早稲田実業・一塁手)が候補ナンバーワン。一塁手はベテランの内川 聖一(来季36歳)、明石 健志(32歳)が守っているが、清宮が台頭する頃に世代交代が行われるくらいの年齢差で違和感はない。また清宮側が要望していた「厳しく鍛えてくれる環境」は、筑後のファーム施設があって万全。近年、育成ドラフト出身の千賀、甲斐、亀澤 恭平(中日移籍)、石川 柊太などが続々と戦力になっているが、筑後の施設がフル稼働する今後、さらに若手の一軍への輩出スピードが上ると予想できる。

【次のページ】 九州勢の上位指名に期待!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第1033回 1位はフルスイングが光るスラッガーに!現役球児117名に聞いた好きな野手ランキング【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第1032回 現役球児117名に聞いた!好きな投手ランキングベスト10を発表!【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
第154回 1日でも長く活躍して欲しい。松田宣浩(中京出身)へ送った恩師のメッセージ【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1279回 なぜ千賀滉大(蒲郡出身)は育成選手から超一流投手へ成長できたのか?思考法に迫る!【後編】 【2020年インタビュー】
第1278回 「自分の感覚を信じる」 パ・リーグ投手三冠の福岡ソフトバンク・千賀滉大(蒲郡出身)の調整法 【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
星槎国際湘南vs上矢部【神奈川県 2017年夏の大会 第99回選手権神奈川大会】
蒲郡vs愛知商【愛知県 2010年夏の大会 第92回愛知大会】
石川 翔(青藍泰斗) 【選手名鑑】
石川 翔(神戸国際大附) 【選手名鑑】
今宮 健太(明豊) 【選手名鑑】
上林 誠知(仙台育英) 【選手名鑑】
甲斐 拓也(楊志館) 【選手名鑑】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
千賀 滉大(蒲郡) 【選手名鑑】
田中 正義(創価) 【選手名鑑】
田中 瑛斗(柳ヶ浦) 【選手名鑑】
東浜 巨(沖縄尚学) 【選手名鑑】
本田 仁海(星槎国際湘南) 【選手名鑑】
松本 裕樹(盛岡大附) 【選手名鑑】
村上 宗隆(九州学院) 【選手名鑑】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム