トーナメント表
明治神宮大会の組み合わせ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 高校の部
明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 大学の部

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

 今年の明治神宮野球大会の大学の部で大きく躍進を遂げているのが名城大(北陸・東海三)だ。九州共立大(九州三)、上武大(関東五第1代表)と強打のチームとして知られた2チームから完封勝利を挙げ、43年ぶりのベスト4入りを決めた。東海王座決定戦から追っているチームだが、別のチームのように覚醒を遂げている名城大について紹介していきたい。

【投手紹介】

 注目は松本 凌人投手(3年=神戸国際大附)。右サイドから常時140キロ後半の速球に、140キロ近いカットボール、130キロ台のフォークを軸に投球を展開するパワーピッチが魅力の本格派右腕だ。松本は来年のドラフト1位を狙っている。これまで先発として起用してきたが、今年はクローザー役に定着している。

 この松本をクローザーに抜擢できるのも、その他の投手のレベルが高い証拠だろう。今大会、先発としても快投を見せている眞田 拓投手(4年=東郷)は、躍動感のある投球フォームから投げ込む140キロ後半はスピンがかかっており、高めの球でも空振りを奪えるほどの強みがある。フィールディングやベースカバーに対する意識も高く、今年のチームの中心といっていい。

 上武大戦で好投を見せた岩井 俊介投手(3年=京都翔英)は145キロ前後の速球と、切れのある変化球で勝負する本格派右腕だ。

 安江監督は今年の投手力の強みについて次のように語る。

「ベース盤に強い球を投げられる投手が多いことですね。
 ストライクゾーンに威力あるストレート、変化球を投げることができる。球に威力がない投手だと、どうしてもコーナー、コーナーで勝負することになってしまい、苦しい投球になってしまう」

 3人の投球を振り返ると、コースを慎重に投げるというのが一切見られない。先発、中継ぎ、抑えと役割が確立しているのも強い。

【野手紹介】

 大学日本代表にも選ばれた強打の捕手・野口 泰司捕手(4年=栄徳)は惜しくも指名漏れに終わったが、「日本一を目指す」と気持ちを切り替え、上武大戦では決勝本塁打を放った。強肩でもあり、今年の名城大を牽引する。

 東海王座決定戦で2本塁打を放った伊藤 雄紀内野手(3年=健大高崎)は高い打撃技術を誇り、抜群の俊足を武器に盗塁を量産し、好守備を見せる小林 大介外野手(4年=健大高崎)、抜群の強肩を見せる塩崎 栄多外野手(3年=浜松工)、攻守の総合力が高く、来年のドラフト候補として期待がかかる5番・河田 隆博外野手(3年=星城)も楽しみな存在だ。

 野口は東海王座決定戦から日本一しか狙っていないと語っていた。それも近い位置に来ている。明治大(東京六)相手にどんな戦いを見せるか。

(文=河嶋 宗一