トーナメント表
明治神宮大会の組み合わせ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 高校の部
明治天皇御誕生百七十記念 第五十三回 明治神宮野球大会 大学の部

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

 順当に明治神宮野球大会でベスト4入りした大阪桐蔭(近畿・大阪)。改めて投打ともにバランスが取れたチームだと思い知らされる。

【野手紹介】
 大型遊撃手・小川 大地内野手(2年)が1番を打ち、左の巧打者である山田 太成外野手(2年)がしぶとくつなぎ、思い切りの良い打撃が期待される1年生スラッガー・ 徳丸 快晴外野手(2年)、強肩強打の捕手・南川 幸輝(2年)の上位打線は強力。他にも初戦で活躍した岸本 真生内野手(2年)も確実性の高い打撃、堅実な三塁守備が光る。

【投手紹介】
 大エース・前田 悠伍投手(2年)は140キロ中盤の速球に、スライダー、カットボール、ツーシーム、チェンジアップと球種が多彩。好調時は打たれようがない。
 また先発としても試合が作れる本格派右腕・南 恒誠投手(2年)、130キロ後半の速球を投げ込む松井 弘樹投手(2年)、140キロオーバーの速球を投げ込む南 陽人投手(1年)、130キロ後半の速球を投げ込む左腕・藤井 勇真投手(2年)、野手としてもセンスが高く、クラーク記念国際戦で本塁打を放ち、近畿大会でも140キロ台の速球を投げ込んだ境 亮陽投手(1年)と好投手がズラリ。

 西谷監督は今大会のテーマについて「勉強」と語る。まだ力がないチームともいう。

 ここまでの2試合を見ると、嫌らしさがあり、甘い球を逃さない鋭さを持った打線は脅威で、プレーにおけるスピード感もある。

 2年連続の明治神宮大会制覇はなるか。

(文=河嶋 宗一