富山南のスタメン・ベンチ入り情報

 「昔に比べると部員があまり集まらないというのはよく聞いています」

 1メートル近く雪が積もるなど豪雪地帯として知られるが、この冬は例年以上に寒さが増した富山県。県庁所在地・富山市は標高3000メートルを超える雄山をはじめとした立山連峰に、日本海と豊かな自然に囲まれた場所になっている。

 そんな自然豊かな富山市に学校を構え、先日の大雪のときは、「学校が休校にせざるを得なかった」という富山南は、卒業生にアニメーション映画で監督を務める細田守氏がいる。創立40年を超える学校の野球部は2学年マネジャー含め14名で活動している。



 全国の学校をみても人数は少ない富山南。それは前川部長も感じているところだ。
 「伊藤監督からは『(人数が)集まらない』というお話をしているのを聞きます」

 今年度より富山南に赴任した前川部長は以前から審判などで、野球に携わっていたが「(野球人口は)年々減っている感覚はあります」と過疎化とともに野球人口の低下を肌で実感している。実際に周りの状況を見ても、「県立校だと1学年でチームを組むのは難しい」というのが富山市内の現実だ。



 富山南の場合は推薦で部員を集めることはできず、あくまで入試を合格して、野球部に進んできた選手だけでチームを作っているところ。同じ県立校でも推薦制度があるところや、複数のコースがある学校と比較してしまうと、富山南はどうしても人数が集まりにくいのが現状である。

 限られた人数で県大会ベスト4を目指して日々奮闘しているが、学校から10キロほど離れた場所には富山北部がある。富山北部といえば、水橋との連合で富山県大会を勝ち上がり、北信越大会では敦賀気比と対戦。試合には0対5で敗れたが、北信越地区の21世紀枠の推薦校に選出。



 1月29日に発表された出場32校には選ばれず、史上初の連合チームでの甲子園とはならなかったが、身近な学校が夢舞台まであと一歩と迫ったことは大きな刺激を受けていた。
 「同じ県立校で、軟式出身者が多いので、知っている選手や元チームメイトもいるようなんです。だから余計に、私立相手でも取り組み方1つなんだということを感じたと思います」(前川部長)