第3回 尽誠学園(香川・18年ぶり7回目の出場)2016年夏以来の聖地で 「18年ぶり聖地1勝」のその先へ2020年01月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]キーワードは「反応」
[2]全選手が誓う「甲子園最高成績ベスト4以上」

 伊良部 秀樹投手(故人・元MLBニューヨーク・ヤンキースなど)を筆頭に数多くのプロ野球選手を輩出している四国の名門私学・尽誠学園。これまで甲子園には1983年センバツを皮切りに春6回・夏11回出場。春の最高成績は2001年・2002年(春夏連続)のベスト8。夏は1989年・1992年にベスト4へ進出。他にも明治神宮大会には4度の出場経験があり1982年は初出場準優勝、国体には6度出場し1992年に準優勝、1999年と2002年にもベスト4入りしている。

 2016年夏には同年センバツ準優勝の高松商を香川大会決勝戦で破り9年ぶりに夏の甲子園に足を踏み入れるも優勝した作新学院今井 達也(埼玉西武ライオンズ)の前に0対3・5安打初戦完封負け。2002年夏以来、18年ぶり聖地1勝を目指す今大会は彼らにとっても真の「名門復活」をかけた大事な機会だ。



(尽誠学園の練習の様子を動画で見る)

キーワードは「反応」



尽誠学園の選手たち

 そんなチームの根幹を支えるキーワードは「反応」である。1年夏からレギュラーを張る4番の仲村 光陽(2年・遊撃手兼投手・178センチ75キロ・右投右打・名古屋アスリートクラブヤング<愛知>出身)や、指揮官・チームメイトから絶対的な信頼感を得る主将・菊地 柚(2年・二塁手・170センチ66キロ・右投右打・ヤング神戸須磨クラブ<兵庫>出身)をはじめ、レギュラー9人中6人が旧チームからのレギュラー格。昨秋はその6人がいずれも打率3割以上の活躍を見せた。

 そこに夏の練習試合を通じ急成長を遂げた最速138キロ左腕・村上 侑希斗(2年・左投左打・174センチ70キロ・南都リトルシニア<和歌山>出身)、橘 孝祐(2年・捕手・右投右打・170センチ70キロ・高松市立香東中出身)バッテリーと、尽誠学園OB・NPB通算1,928安打をマークした谷 佳知氏の甥で50メートル走5秒9の俊足を誇る福島 武颯士(1年・左翼手・右投右打・175センチ75キロ・東大阪布施ボーイズ<大阪>出身)も反応。

 香川県大会では準々決勝・藤井戦、準決勝・英明戦での逆転勝ちで勢いを得て14年ぶり12度目の優勝を果たすと、四国大会でも新田(愛媛)、岡豊(高知)相手にビッグイニン グを作って逆転勝ち。特に「一番いい反応だった」と西村 太監督も認める岡豊戦の集中力は見事だった。

 センバツの打順は1番ないし9番に菊地か福島が入る形が濃厚。その後、ベースランニングはチームNO1の14秒1を叩き出す2番の井脇 将誠(2年・中堅手・左投左打・171センチ61キロ・善通寺市立西中出身)から、福井 駿(ヤング武庫ファイターズ<兵庫>出身)、高校通算13本塁打の仲村、同じく11本塁打の宝来 真己(2年・三塁手・右投右打・182センチ82キロ・小豆島町立小豆島中出身)、バットコントロールにも見るべきものがある村上、高校通算13本塁打の川﨑 風汰(2年・一塁手・右投右打・170センチ88キロ・京都市立勧修中<京都>出身)と続く打線の巡りは、チーム打率.352以上の迫力を感じる。

【次のページ】 全選手が誓う「甲子園最高成績ベスト4以上」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第7回 新田(愛媛) 毎年、夏に訪れる「新たな挑戦」に終止符を【冬が僕らを強くする2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
尽誠学園vs岡豊【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
尽誠学園vs大手前高松【香川県 2019年秋の大会 香川県秋季大会】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
第386回 埼玉西武ライオンズ 木村 昇吾選手「レギュラー入りするために。もう一度、自分を見つめ直そう」 【2016年インタビュー】
第135回 県立岐阜商業高等学校 藤田 凌司選手 【2013年インタビュー】
尽誠学園 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム