第2回 東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など大人も憧れるヒーローが続々と生まれる沖縄2019年09月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]学童軟式野球界から中学の硬式・軟式野球へ
[2]東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥と子供も大人も憧れる高校球児

 2017年、東浜 巨沖縄尚学-亜細亜大-ソフトバンク)が16勝を挙げ最多勝に輝いた。そして翌2018年、山川穂高(中部商-富士大-西武)が本塁打王、多和田 真三郎中部商-富士大-西武)が最多勝に輝き、沖縄出身選手がプロ野球界を席捲している。

 この小さな島国から何故、プロの世界で活躍出来る選手が生まれるのだろうか。色々な視点からひも解いてみようと思う。

関連記事はこちらから!
高校野球が頂点?小さな島国からプロ野球選手を輩出し続ける沖縄の野球vol.1

学童軟式野球界から中学の硬式・軟式野球へ



上原忠監督

 学童軟式野球界の頂点を決める大会は、全日本学童軟式野球大会マクドナルドトーナメント。その大きな舞台で2001年、八島マリンズが見事優勝を飾った。神森ロイヤルズに次ぐ二度目の全国制覇だった。

 その八島マリンズからポニーリーグを経て、八重山商工から春夏甲子園出場を果たしたのが大嶺裕太ら。俺たちも続こう。学童軟式野球界が熱くなっていった。だが九州やその他の大会では優勝するものの、どうしても全日本では勝ちあがれずにいた。

 それが昨年、根差部ベースナイン(豊見城)が決勝へ進出。6年生わずか2名という編成で堂々の全国準優勝を成し遂げ、今年、スポーツ少年団全国大会では八重山の真喜良サンウェーブ野球部が準優勝。野球人口の減少は沖縄でも顕著に現れているが、それでも野球好きのDNAを持つ多くの親子によって学童軟式野球界はまだまだ元気だ。

 中学に進むにあたって初めて道が分かれる。ボーイズリーグやポニーリーグなどの硬式と、中学校単位の軟式野球部だ。軟式は中学校単位で出場する「全国」と言われる全国中学校体育大会と、クラブチームの出場を認める「全日本」と呼ばれる全日本少年軟式野球大会が球児たちの夢となる。

 硬式の筆頭はやはり全日本中学野球選手権大会通称「ジャイアンツカップ」。沖縄にはないリトルリーグやボーイズリーグ、ポニーリーグヤングリーグなど団体の枠を超えた真の日本一を決める大会だ。ここでもその夢を目指して硬式チーム入りする小学生もいるが、どちらの球児たちもここでは通過点となる。やはり目標は高校野球で甲子園出場。そのために親も努力を惜しまない。

 中学の軟式野球で監督を務め、その後高校野球に転身した奥濱正先生(宜野座を率いて2001年春の選抜大会ベスト4)や、上原忠先生(糸満を率いて2014年九州地区高校野球大会準優勝)らを輩出。現在も、第32回全日本少年野球大会で豊見城中学を全国制覇へと導いた石川先生(現東風平中学監督)など有望な指導者が多い。

 その一方で、硬式では大野倫(元巨人、ダイエー)親富祖弘也(元西武)、比嘉良智(元ロッテ)などプロの世界を経験してきた人が監督を務めるなど、硬式軟式どちらも魅力があるのが沖縄の野球だ。

【次のページ】 東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥と子供も大人も憧れる高校球児

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第4回 1年夏に鮮烈デビュー!興南期待の新主将・西里颯のポテンシャル【沖縄の高校野球】
第970回 宿敵同士の再戦か?それともジャイアントキリング達成か?【秋季沖縄県大会準々決勝 展望・前編】【大会展望・総括コラム】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
興南vs具志川商【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
習志野vs沖縄尚学【第101回全国高等学校野球選手権大会】
沖縄尚学vs興南【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
石川vs沖縄高専【沖縄県 2019年夏の大会 第101回全国高等学校野球選手権 沖縄大会】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
多和田 真三郎(中部商) 【選手名鑑】
東浜 巨(沖縄尚学) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
石川 【高校別データ】
沖縄 【高校別データ】
沖縄カトリック 【高校別データ】
沖縄工 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
興南 【高校別データ】
向陽 【高校別データ】
中部商 【高校別データ】
那覇 【高校別データ】
南部工 【高校別データ】
日本ウェルネス 【高校別データ】
宮古 【高校別データ】
宮古工 【高校別データ】
八重山 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

當山 雅通
當山 雅通
  • 生年月日:1972/01/04
  • 出身地:沖縄県金武町生まれ。現在は沖縄市在住。
  • ■ 野球はもちろんだが、一番好きなのは球児たち。純粋で真っ直ぐな野球小僧を見ると自分のことのように嬉しくなる。
  • ■ 学生時代は、野球、サッカー、バドミントン、駅伝など多くのスポーツを経験。現在は、合計4チームの学童軟式野球チーム(主に4年生以下の低学年専属)を見てきており、やっぱり自分は野球が好きなんだなと実感。現在はオファーがなくコーチ業も休業中(笑)。だが10月に3歳になる三男坊が野球を始めたら、また復活する野望を隠し持っている(笑)夢は三男坊が甲子園へ連れて行ってくれることだが、まずは野球へ興味を持つようにしむけるようにと、現在悪戦苦闘中である(笑)
  • ■ 2012年より、高校野球ドットコムにて沖縄中心に情報配信
  • ■ 沖縄県の野球と題したブログCBスタジアムを運営
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム