第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち2019年09月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

切り札的存在の背番号「11」



2017年 U18侍ジャパンの背番号11を背負った清水達也(現・中日)

 高校日本代表の背番号を追っていくと、いろいろな気づきが得られる。前回、エースナンバーを「18」を仮定し、これまで背負った投手を紹介してきた。
 さらに掘り下げて、背番号10番台を背負った投手の活躍を振り返ると、大会で切り札的な活躍をした投手は、背番号「11」が非常に多い。

 背番号11を背負った歴代の投手たちをまとめてみた。

2014年:岸 潤一郎明徳義塾‐拓大中退‐徳島インディゴソックス)大会2位
 この大会では二刀流として活躍。レフトでスタメン出場し、4試合で11打数4安打4打点の活躍。投手としては中国戦で2イニングで6者連続三振を奪う好リリーフ。さらに準決勝では6番レフトでスタメン出場し、8回表からDH解除でリリーフ。2回を投げ、2奪三振、無失点の好リリーフを見せ、サヨナラ勝ちを演出した。

2015年:佐藤 世那仙台育英‐オリックス)大会2位
 この大会ではエース格として大活躍。一次ラウンドのアメリカ戦では、自慢のフォークが冴えわたり、9奪三振、完封勝利。これまで苦戦しているアメリカ相手にまさに一世一代のピッチングを見せた。その後もカナダ戦で2失点完投勝利。決勝戦のアメリカ戦でも先発し、計22回を投げ、28奪三振の好投を見せ、準優勝に大きく貢献した

2016年:寺島 成輝履正社‐東京ヤクルト)大会優勝
 当時、高校生ナンバーワン左腕と呼ばれた寺島が11を背負った。2試合に先発して、12イニングを投げ、25奪三振、防御率0.00を記録し、最多勝、最優秀防御率、ベストナインを受賞した。アジア大会優勝の原動力となった。

2017年:清水 達也花咲徳栄‐中日)大会3位
 夏の甲子園優勝投手。140キロ後半の速球、落差抜群のスプリットが冴え、主にリリーフとして4試合に登板し、7.1回を投げ、9奪三振、自責点1と好投を見せ、活躍を見せた。

2018年:柿木 蓮大阪桐蔭‐北海道日本ハム)
 2018年の夏の甲子園優勝投手。永田監督の評価も高く、「困ったら柿木」というぐらい重要な場面の登板が多かった。アジア大会では3試合に登板して、9.1回を投げ、1失点、防御率0.96と抜群の安定感を発揮した。

 振り返ると、背番号11を背負った投手はかなり重要な活躍を見せ、勝利に貢献している。今年の背番号11は佐々木 朗希大船渡)。岩手の大スターで日本ハム時代に背負った大谷 翔平と同じ背番号でエース級の活躍が期待されたが、血豆の影響で、韓国戦の1試合しか登板できなかった。

 佐々木は大会中、ブルペンの投球では好調だったという声が多い。佐々木をうまく運用できなかったことも5位敗退の要因の1つだったといえるだろう。

 2014年から振り返ると背番号11を背負った投手の活躍は日本代表の命運を握っているともいえる。そうなると2020年のアジア大会ではどんな投手が背負うのか、見逃せない。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花咲徳栄vs春日部共栄【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
星野vs川越東【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
武蔵越生vs市立川越【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
浦和実vs南稜【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
花咲徳栄vs春日部工【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第1230回 強打の花咲徳栄を支える技巧派エース・高森陽生。レベルアップの鍵となったのは指先と体重移動だった 【2020年インタビュー】
第1230回 50メートル5秒7の俊足を誇る奥野翔琉(明徳義塾)の盗塁技術の高さに迫る! 【2020年インタビュー】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1022回 夏は大阪の「強いチームを倒す」。近代泉州の脅威の打撃力の秘密と揺るがぬ信念【後編】【野球部訪問】
第1022回 タレント揃いに見えても中学時代の実績はほぼゼロ。無名の逸材を次々と伸ばす近大泉州の育成方針【前編】【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
飯田 晴海(常総学院) 【選手名鑑】
逸崎 友誠(明徳義塾) 【選手名鑑】
岩重 章仁(延岡学園) 【選手名鑑】
上林 誠知(仙台育英) 【選手名鑑】
内田 靖人(常総学院) 【選手名鑑】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
奥村 展征(日大山形) 【選手名鑑】
柿木 蓮(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
岸 潤一郎(明徳義塾) 【選手名鑑】
熊谷 敬宥(仙台育英) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
佐藤 世那(仙台育英) 【選手名鑑】
清水 達也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
園部 聡(聖光学院) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
高橋 由弥(岩国商) 【選手名鑑】
田口 麗斗(広島新庄) 【選手名鑑】
竹村 春樹(浦和学院) 【選手名鑑】
寺島 成輝(履正社) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
森 龍馬(日大三) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
吉田 雄人(北照) 【選手名鑑】
若月 健矢(花咲徳栄) 【選手名鑑】
渡邉 諒(東海大甲府) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム