第45回 史上最強投手陣の運用ができなかった日本代表。他国と比べれば一目瞭然2019年09月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ。世界一を目指した侍ジャパンU-18代表は5位に終わった。世界一を目指した選手たち、高野連にとっては痛恨の結果だろう。今、なぜ5位に終わったのか、各メディアで議論されている。
 高校野球ドットコムでも、今回は数字を使いつつ、1つずつ検証を進めていきたい。まず投手運用についてだ。

特定の投手に頼った投手起用



3連投もあった西純矢

 今年は「史上最強の投手陣」だと何度も伝えてきた。それは結果として現れている。4位までに入ったチームと比較すれば、今年の投手陣が優秀だったか分かるはずだ。

日本      防御率1.58  62.2回 93奪三振 奪三振率13.36
アメリカ    防御率2.69  67回  64奪三振 奪三振率8.60
韓国      防御率3.52  69回  80奪三振 奪三振10.43
オーストラリア 防御率3.75  67回  55奪三振 奪三振率7.39
チャイニーズタイペイ 防御率3.60 60回 57奪三振 奪三振率9.75

 防御率、奪三振率はこの4か国よりも上回っている。他国の投手と違ったのは、三振を奪える変化球を必ず持っていたこと。18奪三振の奥川 恭伸であれば、縦スライダー、西 純矢であれば、フォーク。そういう意味で、日本の投手育成は改めて世界一ということを証明できた。

 ただ気になる点はある。それは特定の投手に頼った投手起用だということ。去年は柿木 蓮根尾 昂吉田 輝星だったが、今年は強豪国相手には西、宮城 大弥飯塚 脩人に集中する形となった。

 西は13.1回、宮城は8.2回、飯塚は6回。特に西はアメリカ戦からパナマ戦まで3連投してから中2日の韓国戦で起用するなど、ほぼ西に頼った形だ。上位4か国の登板人数を見ると、一目瞭然。

日本 9名
チャイニーズタイペイ 9名
韓国 11名
アメリカ 12名
オーストラリア 11名

 チャイニーズタイペイ以外、10人以上登板しており、投手運用を行っている。特にオーストラリアは右5人、左5人控えており、少し危ないと感じれば、躊躇なく継投をしていた。オーストラリアの投手陣の力量は世界的に見ても並みだが、先発・中継ぎ・ワンポイント・左の中継ぎと、役割分担ができていた。オーストラリアのフィッシュ監督は「投手起用に関しては、投手陣はコンディションが良かった」とコンディションの良さがうまく運用できた要因だろう。

 一方、日本の投手運用はどうだろうか。奥川は甲子園での疲労、佐々木 朗希は血豆。ダブルエースが第1ラウンドで登板できず、7人で回す形となった。5日連続の試合を7人で回して、球数制限がある中、勝利を目指すのは、今回の首脳陣に限らず、特定の投手に負担がかかるのは必然なのだ。

 また、佐々木 朗希は血豆を再発してしまい、わずか1イニングに終わったことも響いた。
 数値が、すべての面で劣っていて、5位に終われば、単純に世界レベルに達していないと切り替えるだけでいい。

 しかし数値面で優れているのに5位に終わるという結果はいろいろな面で問題がある。今回は20人すべてが思い通りに機能しなかったことが一番の敗因だといえる。なぜ機能しなかったのか?それは選考、戦術の面で多岐にわたって総括し、次の世代へ引き継ぐ必要がある。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
韓国戦の敗戦から、何を学ぶべきか
「プロ野球第一」「大学進学のための全国大会」日本とは似て非なる韓国の高校野球事情

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第30回 吉村卓也が各球団のドラフトを振り返る!補強ポイントを抑えているのか?【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第95回 ソフトバンク、広島、日本ハムは全員現役!過去10年間のドラフト1位生存率を探る!【高校野球コラム】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第30回 吉村卓也が注目の高校生ドラフト候補をピックアップ!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第237回 2019年のドラフトは「キセキの年」。奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁の目玉投手3人の魅力とは??【ドラフト特集コラム】
第1036回 奥川恭伸と歩み、ともに成長を続けた捕手人生。これからも確かな実力をつけて球界を代表する捕手へ 山瀬慎之助(星稜) 【2019年インタビュー】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
西 純矢(創志学園) 【選手名鑑】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム