第40回 日韓戦で佐々木朗希の登板はあるか?総合力の高い韓国にどう戦えばいいのか?2019年09月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップはスーパーラウンドに突入。侍ジャパンU-18代表は宿敵・韓国と対戦する。勝てば決勝進出へ大きく前進するこの一戦。最近の直接対決では2017年、2018年と連敗。まさに因縁の日韓戦!今日の試合を制するポイントとは?

佐々木朗希の先発起用が浮上



カナダにはどう戦うべきか?

 この試合、佐々木 朗希の先発起用予測が浮上しているが、やはり投げるタイミングは今しかないだろう。韓国打線相手に投げ込む150キロを超えるストレートと、140キロ近い高速スライダー、フォークにも期待したい。このコンビネーションが上手くはまれば、韓国打線を圧倒させる展開も期待できる。

 そのためにも、捕手のキャッチングも重要となってくる。キャッチャーのスタメンで出場するのは水上 桂山瀬 慎之助のいずれかだが、佐々木の投球に加えて、2人の捕球技術にも注目したい。

 また、もう1つ、ポイントとなるのは佐々木が投げている間に打線援護がどれだけできるかだ。韓国はエースのソ・ヒョンジュンが先発予定。ソ・ヒョンジュンは、8月30日のオランダ戦では6回無失点の好投を見せており、中6日と休養十分。140キロ後半の速球、切れのある変化球を投げ込む大型右腕で、簡単には攻略できない投手だ。この試合では1番森敬斗から4番石川昂弥までの上位打線の打撃が課題となるのではないだろうか。

 打線はチャイニーズタイペイ戦で本塁打を放ち、調子を上げている4番パク・ジュホンなど左の強打者が並ぶ。

 日本のエース・佐々木、韓国のエース・ソの持ち味を発揮すれば、3点勝負の投手戦になるのは間違いない。となると、最後に勝敗を分けるのは「守備」。両チームのこれまでの試合を振り返ると、まだ隙が多い。日本は走塁ミスと守備でのミスがまだ多い。韓国もまた技量は高い選手が多いものの、集中力が切れて、思わぬミスから失点するケースがある。

 最後まで自分たちの野球を貫いたチームが勝者となるだろう。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手
台湾の大谷翔平・李晨薰に16歳で153キロをマークした潘文輝 チャイニーズタイペイも要警戒

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第13回 元中日の李 鍾範の息子・李政厚の人気が沸騰中!風の孫の進化が見逃せない!【世界の高校野球】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国vsオーストラリア【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
アメリカ代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18日本代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国代表vs中国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
韓国vsチャイニーズ・タイペイ【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム