第39回 打撃戦を覚悟!実は相性が良くないカナダ相手にどう戦えばいいのか?2019年09月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 8月30日から開幕した第29回 WBSC U-18 ワールドカップ。今日9月5日から始まるスーパーラウンドに進出した侍ジャパンU-18代表は、18時よりカナダ代表と対戦する。

過去のカナダ代表と比べても『歴代最強』



カナダにはどう戦うべきか?

 2012年、2017年のワールドカップでは、カナダに敗れた経験があり、実はあまり相性が良くない。

 さらに、今年は、過去のカナダ代表と比べても『歴代最強』といえるほどの打力がある。チーム打率.320は、スーパーラウンドに進出した6か国ではナンバーワン。強力な投手陣を擁する韓国戦では敗れはしたものの、オープニングラウンドでは、17安打5得点を記録しているように、140キロ後半の投手でもいとも簡単に捉えてしまうのがカナダの怖さである。

その中でも警戒したいのは、MLBのルーキーリーグでプレーするブラウン・ダッサンだ。オープニングラウンドでは8打点を記録し、打率.400をマークした。

 また、3番・ショフィールドや、ゴムも8打点を記録。他にも、本塁打を打っている選手が多く、日本投手陣としては、1番から9番まで全く気が抜けない。

 そんな相手に、日本はどの投手をマウンドにおくるのが最適かを考えると、左腕投手と軟投派がカギになると考える。キーマンになるのは、やはり林 優樹近江)と宮城 大弥興南)だろう。特に林は、カナダがこれまで対戦してきた投手ではあまりいない技巧派タイプ。どこまで抑えられるかが一つのポイントとなる。

 また、奥川 恭伸佐々木 朗希がどのタイミングで投げるかにも注目が集まっているが、カナダ戦での登板の可能性は十分にある。

 一方で、カナダの投手陣は、140キロ越えの投手が多く、日本打線は速球に振り負けない対応力が求められる。中継ぎにはレスター・オトゥール、サウル・エリアスなど150キロ前後の投手も控えており、なるべく前半で、カナダの投手陣を攻略し試合の主導権を握りたい。

 カナダの打力を考えると打撃戦は必至。6点~10点の勝負になるのではないだろうか。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手
台湾の大谷翔平・李晨薰に16歳で153キロをマークした潘文輝 チャイニーズタイペイも要警戒

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第13回 元中日の李 鍾範の息子・李政厚の人気が沸騰中!風の孫の進化が見逃せない!【世界の高校野球】
第238回 韓国のドラフトは日本にはない独自の制度が盛りだくさんだった!【ドラフト特集コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国vsオーストラリア【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
アメリカ代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18日本代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18日本代表vsカナダ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国vsチャイニーズ・タイペイ【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム