第23回 第25回IBAF 18U世界野球選手権大会に出場した「2012年・大谷世代」のその後2019年08月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]世界への登竜門
[2]「2012年・大谷世代」のその後

 いよいよ8月30日(金)から韓国・キジャンで始まる「第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップ」。最速163キロ右腕・佐々木 朗希大船渡 岩手 3年)、最速154キロを甲子園で叩き出し準優勝に輝いた奥川 恭伸星稜<石川>3年)らキラ星輝く20名がそろった侍ジャパンU-18代表にはぜひ初の18歳以下野球世界一を目指して頑張ってほしいものです。

世界への登竜門



高校時代の大谷翔平

 そして、2度大会名を変えつつも通常2年に一度開催されるこの大会は現在NPB・MLBで活躍する選手たちの多くが経験を積んできた「世界への登竜門」でもあります。有名どころではダルビッシュ 有投手(MLBシカゴ・カブス)は東北(宮城)3年時の2004年・第21回AAA世界野球選手権大会(台湾開催)でキューバに次ぐ準優勝に貢献。

 また、大谷 翔平選手(MLBロサンゼルス・エンゼルス)も2012年・花巻東(岩手)3年時に、2004年以来の高校日本代表参加となった「第25回IBAF 18U世界野球選手権大会」(韓国・ソウル開催)に参加しています(同大会・日本は6位)。

 では、当時の代表にはいったいどんな選手がいて、その後はどんな球歴をたどっているのでしょうか?まずは「2012年・大谷世代」から追ってみましょう。当時の代表メンバーとその後の球歴は次のページから。

【次のページ】 「2012年・大谷世代」のその後

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
第1014回 各選手の思考力の高さが結果として現れる 星稜高校(石川)【後編】【野球部訪問】
第1013回 代が変わっても強さを維持する星稜のチームマネジメントに迫る!【前編】【野球部訪問】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1081回 覚醒のきっかけはダルビッシュ有。中西健登(国士舘)が東京都屈指のサイドハンドになるまで 【2019年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
ダルビッシュ 有(東北) 【選手名鑑】
聖光学院 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム