第16回 【U18日本のライバル国紹介】大半がプロ内定!去年のアジア覇者・韓国の要注目の選手2019年08月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]3年生18人中17人がプロ指名のプロ予備軍
[2]注目される1次指名の6人/チームをリードする全国大会優勝バッテリー

3年生18人中17人がプロ指名のプロ予備軍



昨年のアジア選手権を2大会ぶりに制したライバル・韓国

  8月26日、韓国のドラフト会議が行われた。ここ数年は、国際大会の後に開かれていたが、今年は、野球のU18W杯が韓国・機張(キジャン)で開催されるため、大会の存在を知らせる意味もあり、この時期の開催になったようだ。

 というのも韓国では、高校野球の関心が非常に低い。そのうえ大会が、釜山の中心部から1時間ほどかかる機張で開催されるため、大会の存在はそれほど知られていない。韓国を代表するホームラン打者である李承燁(イ・ソニョプ)を広報大使にするなど、盛り上げに努めている。今回のドラフトも、代表選手の多くが指名されることでプロ野球ファンも引きつけ、大会を知らしめる効果も狙ったようだ。

 実際今回のドラフトで、代表選手20人のうち、17人が指名された。2年生2人を除けば、指名されなかったのは1人だけだった。

 もっとも、韓国のプロ野球は10球団だが、高校は80チームしかない。それでも、今回のドラフトでは各球団が10人ずつ指名している。

 さらに7月1日には、各球団のフランチャイズ地域の高校の選手を1人優先指名(1次指名)しているため、全体として指名されたのは110人になる。早稲田実業、早稲田大などで活躍した安田 権守(安権守・カナフレックス)のような在外同胞、海外からのUターン、大学生、独立リーグの選手などもいるが、指名されたのは大半が高校生であり、代表クラスの選手が指名されるのは当然である。その中で注目されるのは、日本のドラフト1位に相当する1次指名の選手と、今回のドラフトで上位指名された選手である。

【次のページ】 注目される1次指名の6人/チームをリードする全国大会優勝バッテリー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国vsオーストラリア【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
アメリカ代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18日本代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
韓国代表vs中国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
第1027回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第970回 センバツ連覇で喜ぶ同級生たちをスタンドから見守った 道端晃大(同志社大)【前編】 【2019年インタビュー】
韓国vsチャイニーズ・タイペイ【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
試合で役立つメンタルマネジメント
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
安田 権守(早稲田実業) 【選手名鑑】
早稲田実業 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム