第7回 右のナンバーワンスラッガー・石川 昂弥(東邦)!世界の剛腕たちを攻略する一発を!2019年08月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 高校通算53本塁打は、今年の代表選手でも一番の成績だ。石川 昂弥がセンバツでかけた特大アーチ3本は、東邦の優勝を導く大きな一打となった。石川のすごさは、右中間にも本塁打が打てるというところだ。その高い技術は、木製バットでも発揮している。

 1年間通して折れない木製バットで練習を行い、夏の大会が終わってから世界大会を見据えて、公式戦で使用する木製バットに切り替え、練習を積んできた。U18合宿3日目の駒澤大戦でも、第1試合はレフトへの痛烈なクリーンヒットを放ち、第2試合はライトの頭上を超える二塁打を放った。
「とても良い感じです。実戦から離れた割には良い感覚で打てています」

 石川の潜在能力の高さはチームメイトも一目を置いており、多くの選手が石川の打撃練習を見て参考にするなどチームに好影響を与えている。
 代表入りしてからは、三塁手だけではなく、一塁手としても試合出場。「あまり練習をやったことがない」という石川だが、限られた練習時間でノックを受け、懸命に守備も鍛えている。

 4番打者としてここまで順調に調整を続ける石川。世界大会では、日本の勝利へ大きなアーチを描けるか。石川の打棒に期待が高まる。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表合宿がスタート!主将は坂下翔馬(智辯学園)に決定!
東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第52回 森友哉、高橋周平など優秀な選手が多い歴代のU-18代表の3番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1044回 練習では目立たない実戦型アベレージヒッター・熊田任洋(東邦)は打つための準備をしている 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsスペイン代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム