第5回 琉球のドクターK・宮城大弥(興南) 世界の強打者たちにも三振の山を築く!2019年08月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 今年の高校生左腕の中ではナンバーワンの実力を誇る宮城 大弥興南)。 U-15代表に続いての代表入りとなった。

 宮城はインステップ気味から踏み込んで投げ込む左スリークォーターピッチャー。好調時は、常時140~145キロ前後の速球を内外角に投げ分ける。120キロ前半のスライダーは、手元で小さく曲がり、120キロ中盤のチェンジアップも落差が鋭く、一番の決め球だ。さらに、110キロ前半のカーブを織り交ぜながら、三振の山を築く。

 今年の活躍を振り返ると、準優勝した春季九州大会では、26イニングを投げて、41奪三振。そして、最後の夏となった沖縄大会では、46イニングを投げ、61奪三振をマーク。三振を奪えるのが宮城の大きな強みだ。

 仕上がりも順調だ。駒澤大とのオープン戦で先発した宮城は、3回を投げて、3奪三振、無失点、無四球の好投。立ち上がりに一死三塁のピンチを招いても落ち着いた投球を見せていた。

 オープン戦でのストレートは、平均球速139.5キロ。最速143キロとボールの勢いはまずまず。第2試合は、センターで出場するなど二刀流としても期待がかかる。

 琉球のドクターKは、世界の強打者たちからも次々と三振を奪えるか。U-15代表では、手にできなかった世界一の称号を狙っていく。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表合宿がスタート!主将は坂下翔馬(智辯学園)に決定!
U-18日本代表左腕・宮城 大弥の秘密は、甲子園連覇の島袋も行ってきた「興南アップ」にあり!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第3回 山川穂高に東浜巨...小さな島国・沖縄からプロ野球選手を輩出し続けられる理由 vol.3【沖縄の高校野球】
第2回 東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など大人も憧れるヒーローが続々と生まれる沖縄【沖縄の高校野球】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
興南vs読谷【沖縄県 2019年秋の大会 第69回沖縄県高等学校野球秋季大会】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs南アフリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
宮城 大弥(興南) 【選手名鑑】
興南 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム