第3回 智辯魂を胸に刻み、世界の強打者をねじ伏せる!池田陽佑(智辯和歌山)2019年08月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 春から夏までの成長度では、今大会の代表9投手の中でも最も成長を見せた投手ではないだろうか。センバツの最速は141キロだったのが、夏の選手権・2回戦の明徳義塾戦で最速150キロを計測し、約9キロのスピードアップに成功したのだ。スピードアップの背景には軸足の使い方、左腕の使い方、リリースのポイントなど投球フォームの全面を見直したこと。さらにシーズンに入ってもトレーナーと相談しながら、筋力量を落とさずトレーニングしてきたことが爆発的な球速アップにつながった。

 今ではコントロール重視でも常時140キロ中盤のストレートを内外角に投げ分けられるまでに成長。さらに手元で微妙に動く独特の球質も大きな武器だ。変化球はスライダー、フォーク、カットボールの3球種を投げ分け、手元で鋭く落ちて空振りを奪え、この夏の甲子園では3試合、20.1回を投げ、自責点2、防御率0.89と抜群の安定感を発揮した。

 合流前、智辯和歌山の中谷仁監督、主将・黒川 史陽から激励を受けた。
「中谷さんからは『永田さんの力を借りなさい』といわれて。史陽からは『智辯を背負っていけ』といわれました」
 世界一のためには「どんなポジションでも投げたいです」と意気込む池田。智辯魂を忘れず、世界の強打者をねじ伏せていく。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表合宿がスタート!主将は坂下翔馬(智辯学園)に決定!
驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs初芝立命館【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
仙台育英vs智辯和歌山【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
池田 陽佑(智辯和歌山) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム