第1回 林 優樹(近江) ただ1人の技巧派左腕。分っていても打てない投球術に注目!2019年08月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 昨今、投手の球速の高速化と、体格面の成長が著しく、侍ジャパンU-18代表もその流れに乗り、9人中8人が最速145キロ超え。さらに5人が150キロ以上ととてつもないレベルとなっている。その中で、林 優樹近江)は異色の存在だ。

 174センチ64キロ。投手陣では身長は2番目に小さく、体重は最軽量。同じ京都出身で意気投合した池田 陽佑智辯和歌山)、西 純矢創志学園)と仲良くやり取りしている姿を見ると、微笑ましく感じるが、マウンドに上がると一変。スイッチが入った瞬間の真剣な表情から、ひょうひょうと打者を打ち取る。そのギャップに魅了される高校野球ファンは多い。

 インステップ気味に踏み込むフォームで、130キロ前半ながら内外角にストライクが取れる。また、90キロ前後のカーブでも低めにストライクが取れ、さらに110キロ前後のスライダーと、スクリュー気味に落ちるチェンジアップの切れ味も超高校級。

 タイミングが取りにくく、投球はいずれもひざ元に集めることができる。台湾のような左の技巧派に弱い国には、強みを発揮するタイプではないだろうか。対戦した打者に聞くと、「分っていても打てない。どうしても変化球に手を出してしまう」と話す。それだけ、林の投球術は群を抜いている。

 林は、「自分のテンポの良さ、コントロールの良さを発揮したい」と意気込む。林の持ち味を世界の舞台でも存分に発揮してほしい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事はこちら!
佐々木朗希、奥川恭伸などが選出!侍ジャパンU-18代表20名の顔ぶれ
侍ジャパンU-18代表合宿がスタート!主将は坂下翔馬(智辯学園)に決定!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第2回 全国トップレベル!走攻守の3拍子が揃った遊撃手・土田龍空(近江)【滋賀の高校野球】
近江vs立命館守山【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
第90回 決勝ではU-18代表の林優樹と投げ合い!プロ注目・吉田力聖(光泉)の魅力【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1048回 興南の教えを胸に。ポーカーフェイスを貫く宮城大弥の熟練したマウンド捌き 【2019年インタビュー】
侍ジャパンU-18代表vsアメリカ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
第773回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
近江 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム