第4回 「球数制限を行う健大高崎から学べるもの」古島弘三医師 インタビューVol.42019年08月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]青柳監督の凄いところは変われるところ
[2]これからは選手が指導者を選ぶ時代に

 夏にかけて過熱な議論となる球数制限。その中で年々、投手をシステム的に管理するチームが現れている。それが、健大高崎(群馬)だ。2011年の甲子園出場から機動破壊をキャッチフレーズに名を馳せた健大高崎は、球数管理を行い、投手の実力を伸ばしている。その健大高崎に対し、球数管理のアドバイスをしたのが、古島弘三医師である。

これまでの連載
手術件数年間200件、「球数制限はせざるを得ない状況になっている」古島弘三医師 インタビューVol.1
「球数制限の前に良い投球フォーム」という声に古島医師の見解は? インタビューVol.2
「大会前の追い込み練習はマイナスでしかない」古島弘三医師 インタビューVol.3

青柳監督の凄いところは変われるところ



古島弘三医師

―― 健大高崎の青柳監督から聞いたのですが、球数制限のアドバイスは古島先生が行ったようですね。

古島 以前に春の甲子園に出たエースが一人で投げ抜いて、その後投げられなくなった選手がいました。我慢しながらで3回くらいしかもたないと。肘は曲げ伸ばしができなくなり、顔も洗えず、第1ボタンもとめられなくなっていました。夏まで投げさせずにいて、もし投げられるようになったら、3人の投手で継投する方がいいと話したことがあります。エースは2番手にもってくる。3回投げたら交代。

 以後,青柳監督は継投策で大会に臨むようになりましたね。それから,昨秋に選手全員と監督に講義したんです、3時間ぐらい。「甲子園を目指すべきじゃないよ」とか言っちゃいましたよ。(笑) 健大高崎に来る子はみんなプロを目指している。プロを目標として練習に取り組む。夏の大会で勝ったら勝ったで,勝っちゃったら甲子園行けばいいと。むしろそういう気持ちの方が選手は実力を出せますよって。甲子園目指すから、ケガはするしでね。

――はっきり言いますね!青柳(博文)先生がしっかり受け止めているのが凄いです。

古島 青柳監督の凄いところは変われる指導者だからだと思うんです。僕が言う前はガチガチの指導者だったと思いますし、恐らく全国の監督もそうだと思います。そこで僕が言ったことを聞き入れてくれて変わってくれた、ますます面白いチームになっていくと思います。

――青柳監督の姿勢は理想ですよね。

古島 指導者が選手を守る意識を持つ事が大事だと思います。それこそが監督やコーチの役割ですから。勝つ事ではなくて、その選手たちをこの先どうプレーさせてあげるか、どう活躍させてあげるか。高校はその為の育成の場であるという考え方にシフトしていく事が大事なんじゃないかと思います。

――だからこそ、健大高崎のような強豪校が球数制限をするのは、ある意味画期的な事ですよね。

古島 そうですね。だからそういう高校から将来、たくさんの選手が育って、甲子園に行かなくてもプロに行く選手が増えてくれればいいと思います。甲子園を目標にするから選手も潰れてしまうし、多くの逸材がプロに行けなくなるんです。プロ選手を多く育てるという意識を持って3年間、選手を育てれば結果もおのずとついてくるんだと。甲子園に行こうという意識がなくとも育成に力を注いでれば、選手も勝手に強くなって結果も出る。そんな風に自然に強くなっていけばいいと思うんです。
 指導者が勝てと言うんじゃなくて見守る。選手は勝ちたいでいい。それを指導者が煽ってはダメなんです。怪我をせずにどうやって上手くなるのかとか、そういう事を選手たちが自分から考えていける環境作り、そういう事を教えるのが指導者の役割だと思います。ケガした選手たちをふるいに落として相手にしないで、甲子園甲子園と思っている指導者は本当の意味で良い指導者とは言えないんじゃないですかね。

【次のページ】 これからは選手が指導者を選ぶ時代に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1031回 「全力少女シリーズ」の主演・池田朱那さん 「いつか野球の仕事がしたかった」 【2019年インタビュー】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
第640回 知識と技術の引き出しを増やし、黒坂流で悲願の甲子園を目指す!昌平(埼玉)【前編】【野球部訪問】
高崎商大附vs健大高崎【群馬県 2019年夏の大会 第101回選手権群馬大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
東海大相模vs健大高崎【2019年 練習試合(交流試合)・春】
星稜vs健大高崎【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第924回 前橋育英を中心に優勝争い!対抗馬の一番手は健大高崎で樹徳や桐生第一も追いかける【大会展望・総括コラム】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
専大松戸vs健大高崎【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2019年春の大会 群馬県春季大会】
第785回 今も未来もただ勉強あるのみ 勝たせる捕手・柘植世那(Honda鈴鹿) 【2018年インタビュー】
第772回 目指すはトリプルスリー!研究心豊かなスラッガー・山下航汰(健大高崎)【後編】 【2018年インタビュー】
第764回 通算75本塁打の礎を作った中学時代と高校1年時の打撃改造 山下航汰(健大高崎)【前編】 【2018年インタビュー】
球数制限問題
健大高崎 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム