第60回 バントは成功率の少ない戦術 星稜vs智辯和歌山から考えるタイブレークの戦い方2019年08月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]タイブレークの場面でバントは必要なのか
[2]参考資料 準決勝までのホームラン

 今年夏の甲子園大会で延長13回以降に行われるタイブレークは1試合あった。3回戦の星稜智辯和歌山戦で、13回はお互い0点で勝負はつかず、14回裏に星稜の6番福本 陽生(3年)がサヨナラ3ランを放ち、智辯和歌山を突き放した。今夏のタイブレークでの攻め方にフォーカスを当てる。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会

タイブレークの場面でバントは必要なのか



福本陽生(星稜)

 今年夏の甲子園大会で延長13回以降に行われるタイブレークは1試合あった。3回戦の星稜智辯和歌山戦で、13回はお互い0点で勝負はつかず、14回裏に星稜の6番福本 陽生(3年)がサヨナラ3ランを放ち、智辯和歌山を突き放した。甲子園大会で最初にタイブレークが採用された18年夏の佐久長聖旭川大高でも13回は0点でお互い譲らず、14回表に佐久長聖が1点を挙げて、逃げ切った。ちなみに、甲子園大会のタイブレークは延長12回まで同点だった場合、13回から無死一、二塁の局面からゲームは行われ、前のイニングから継続する打順の選手が打席に立つ。

 社会人野球では03年から採用され、現在は11回まで同点だった場合、12回からタイブレークが採用される。与えられる局面は高校野球が無死一、二塁なのに対し、社会人野球は1死満塁で、打席はチームが選べる任意打順である。

 これらの違いからか社会人野球はタイブレークになった瞬間に点が入ることが多い。先に断っておくが、今の社会人野球はあまり得点が入らない。それが1死満塁になると、私の見た印象では1、2点入るのではなく、3点以上入ることが多い。表の攻撃のチームが1、2点取っても「これで決まった」という空気にはならない。2、3点入るのが当たり前なので、スクイズをやって1点取るという作戦が立てづらい。1アウト失って1点取っても、2点以上取られる可能性が高いので、バントより強打、強打の応酬が繰り広げられる。

 高校野球はどうかと言うと、この星稜智辯和歌山戦では13回も14回も先頭の打者はバントをしている。それも両校のバントはともに三塁送球アウトで一、二塁のままだった。タイブレークで得点が入らない原因がバントなのかどうか、検証する件数が少ないので答えが出ていないが、バントは成功率の少ない戦術であることは間違いない。

 私はバントが失われていく戦術であると思っている。成功率の低さとともに、攻撃的精神を委縮させる戦術、というのが私の意見である。ただ、バントは日本の高校野球に深く根を降ろしているのも確かである。2回戦の中京学院大中京北照戦では1対4でリードされた8回表、北照は無死一塁の場面で2番打者がバントをしているのである。結果は3対4まで追い上げているので一定の戦果はあったわけだが、勝ってはいない。

 私が考える攻撃的精神の第一は好球必打である。ホームランを打ったときのボールカウントを調べてみると、それがよくわかる。準決勝までの47本のホームランのうちストライクの見逃しが2つあったのは8月17日に竹花 裕人鶴岡東・3年)が放った大会通算37号、8月18日に内山 壮真星稜・2年)が放った44号、平泉 遼馬関東一・3年)が放った46号、8月20日に来田 涼斗明石商・2年)が放った47号の4本だけ。

 ストライクの見逃しが1つあったあとのホームランは13本、つまりストライクの見逃しが1つもなかったホームランは30本あった。そのうちの17本がファーストストライクを捉えたものである。攻撃側のあらゆるプレーの中で最も価値のあるのはホームラン。それは「初球から甘い球は逃さない」という攻撃的精神によってもたらされるということがよくわかる。たとえば「狙い球を絞って」と指示されたら、狙い球以外の甘い球を振らない可能性がある。そういう指示が現在の高校野球の世界では少なくなっているということだろう。

 技術的にはメジャーリーグ発の「フライボール革命」の影響を受けて、アッパースイングが多く見られるようになっているが、右から左に吹く強い浜風に乗れない右打者の打球が散見できた。アッパースイングによって打球にラインドライブがかかっていることが風に乗れない原因だろう。ダウンスイングと言うと、まき割りのような〝ダイコン斬り″を想起される方がいると思うが、浅い軌道の縦スイング(バットが上から出て、レベルスイングの軌道でボールを捉える)が最も打球に角度がつく打ち方である。今大会飛び出した多くのホームランもそういう打ち方によって生み出されている。

 タイブレークが甲子園大会に導入されたのは昨年からだからまだデータが揃わないが、無死一、二塁の場面から判で押したようにバントで送り、1死に、三塁にしようとする作戦は、バントが失敗の確率の高い戦術であることを考えれば有効とは言えない。バントが極端に少ない作新学院ならタイブレークでどのような戦術を取ってくるのか機会があれば是非見てみたい。

【次のページ】 参考資料 準決勝までのホームラン

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第88回 甲子園ブラバン新神曲・國學院久我山「一本」誕生秘話  ~「歌」と「歌詞」の魅力を発揮させた「神曲」~【高校野球コラム】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】

プロフィール

小関 順二
小関 順二
  • 出身地:神奈川県横須賀市生まれ。
  • ■ プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。ストップウオッチを使った打者走者の各塁走塁、捕手の二塁スローイングなど各種タイムを紹介したのも初めてで、現在は当たり前のように各種メディアで「1.8秒台の強肩捕手」、「一塁到達3.9秒台の俊足」という表現が使われている。
  • ■ 主な著書に『プロ野球問題だらけの12球団』(年度版・草思社)、『プロ野球スカウティング・レポート』(年度版・廣済堂あかつき)、『ドラフト物語』(廣済堂あかつき)、『野球力』(講談社+α新書)、『プロ野球サムライたち』(文春新書)などがある。
  • ベースボールファン(有料コラム)では、「野球を歩く」を寄稿、野球ファン必見の野球歴史コラムを配信している。 
  • 小関順二公式ブログ

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム