• トップ
  • コラム
  • 101回大会特集
  • エポックメイク・星稜!昭和~平成と劇的な敗退を重ねてきた星稜が令和最初の夏に生むストーリーは?

第57回 エポックメイク・星稜!昭和~平成と劇的な敗退を重ねてきた星稜が令和最初の夏に生むストーリーは?2019年08月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
[1]松井秀喜の5打席連続敬遠
[2]平成最後の夏は史上初となる逆転満塁サヨナラ本塁打を浴びる

 星稜が初めて甲子園に姿を現したのは、1972(昭和47)年夏である。この時は初戦で北見工に勝利して、2回戦で準優勝する柳井に敗れている。その4年後、小松辰雄投手(中日)を擁してベスト4に進出するのだが、これが最初に星稜が全国的に注目された時と言っていいであろう。当時、世に出回り始めたスピードガンの計測値が145キロとか150キロと言われて、剛腕小松は「スピードガンの申し子」などともてはやされた。そして、敗れてなお小松投手の存在とともに星稜のインパクトは強烈だった。

 その後、甲子園の常連校となっていく星稜だが、次にスポットを浴びたのは1974(昭和54)年夏となる。3回戦でこの年春夏連覇を狙う箕島との、あの伝説の試合である。1対1のまま延長にもつれ込んでいくが、先攻の星稜は延長に入って2度リードするものの、ことごとくその裏に本塁打で追いつかれる。しかも、16回には相手打者の一邪飛で万事休す、星稜勝利かと思われたが、一塁手が芝生の切れ目に躓いて転倒。その直後に本塁打が飛び出すというものだった。その挙句に、引き分け再試合寸前の延長18回にサヨナラ負け。

 星稜の大健闘は称えられたとともに、その試合そのもののドラマ性も含めて今でも語り継がれている好試合となっている。こうして、非運の星稜が作られていった。

組み合わせ日程はこちら
第101回全国高等学校野球選手権大会

松井秀喜の5打席連続敬遠



卵色のユニフォームとともにアピール

 その後、星稜は石川県を代表する強豪として甲子園の常連校となっていく。

 時代は昭和から平成に移ると、星稜は平成元年となった1989年夏から4年連続で甲子園出場を果たす。その間に、やがてメジャーで活躍して国民栄誉賞も受賞する松井 秀喜も入学してきて、1年生の夏から4番打者として活躍していた。松井が2年生の91年夏には、その年の最大の注目校だった松商学園を準々決勝で下してベスト4に進出している。準決勝では、優勝する大阪桐蔭に敗退するが、星稜の存在感は卵色のユニフォームとともに強烈にアピールした。

 そして松井が3年生となった92年には春夏連続出場を果たす。

 春は開幕試合を引き当てて松井が本塁打2本を放つなどで大勝。さらに星稜の存在感を印象づけた。この年からラッキーゾーンが撤去されたのだが、そうした中で放った松井の2本塁打は強烈な印象だった。その星稜、夏は優勝候補の一角にも名を連ねていた。2回戦は明徳義塾との試合だったが、明徳義塾は松井と勝負せず5打席すべてを敬遠して試合は、星稜は2対3の1点差で敗退した。明徳義塾の秘策だったが、そのことが物議を醸し、甲子園では前代未聞の大騒動となった。

 このことで、さらに星稜は敗れ方で注目されていく存在となった。

 その3年後、山本省吾投手を擁して決勝進出を果たし、「北陸勢初の全国制覇」への期待も高まったが、帝京に1対3で敗退。さらに、敗者として星稜が印象づけられていくことになった。

「強いけれど、どこか球運に恵まれない星稜」
 そんなイメージも根付いてきてしまった。

【次のページ】 平成最後の夏は史上初となる逆転満塁サヨナラ本塁打を浴びる

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
二松学舎大附vs都立昭和【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第53回 背番号「18」をつけた歴代のU18投手たち!その後の成績はいかに?【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
都立昭和vs郁文館【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第45回 史上最強投手陣の運用ができなかった日本代表。他国と比べれば一目瞭然【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1050回 「奥川の持ち味を引き出すことに関しては誰にも負けない」 奥川快投の裏には必ず山瀬慎之助(星稜)がいる 【2019年インタビュー】
専大松戸vs昭和学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
松井 秀喜(星稜) 【選手名鑑】
昭和 【高校別データ】
昭和一 【高校別データ】
昭和学院秀英 【高校別データ】
昭和一学園 【高校別データ】
昭和薬大附 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
平成 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム