第36回 甲子園初アーチはバックスクリーン弾 武岡龍世(八戸学院光星)の復活の過程2019年08月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

バックスクリーン弾を放った武岡龍世(八戸学院光星)

 智辯学園に逆転勝利を収めた八戸学院光星。その八戸学院光星を引っ張るのが武岡 龍世だ。智辯学園戦では甲子園第1号本塁打を放った。そんな武岡のここまでの活躍の軌跡を振り返る。

 甲子園2試合で11打数5安打1本塁打3打点と活躍を見せている武岡だが、夏までは不調に苦しんでいた。思うような打球が打てない。復調のきっかけとなったのは、先輩のアドバイスだ。仲井監督曰く「ヘッドの返しが早いスイングになっていて、それがなかなか改善できなかったのですが、それでうまくいったんです」と、青森大会では17打数10安打、打率.588と大当たり。自信をつけて甲子園に臨んだのだ。

 初戦ではバッテリーの内角攻めに対して、武岡は崩れることなく、特に第4打席は内角球を振りぬいてセンターの頭を超える適時三塁打を放った。武岡は「右サイドは結構得意にしていて、マークされているのはわかっているので、内角はうまく振りぬけてよかったです」と笑顔を見せた。

 そして、初戦を終えて「ようやく自分の打撃ができるようになりました」と手ごたえを感じていた武岡。その言葉は本当だった。

 続く2回戦、3回表の第2打席。少し真ん中よりの138キロストレートだった。武岡にとって読み通りの球種・コースだった。
 「1ストライク1ボールで、この場面はカウントを取りに行く場面だと思ったので、狙い通り振りぬくことができました」
 打球は右中間スタンドへ打ち込むソロ本塁打。公式戦の本塁打は神宮大会東邦戦以来となり、高校通算23本塁打に乗せた。

 一方、守備でも2回戦こそ、跳ねやすいグラウンドに苦労したが、1回戦から安定した守備を見せている。武岡の守備は正面で捕るように見せるスタイルだ。最近はシングルハンド、逆シングルで捕球するのが流行りとなっているが、武岡は正面で捕球する。それは必ずそういうふうにしているのではなく、正面で捕球できるようなポジショニングをしているからだ。
 「捕手がサインを出した瞬間にここに来そうだなと思ったら、3,4歩動きます。それで正面で捕れるようになっています。少し遅れれば、シングルハンド、逆シングルと捕球していきます」

 また智辯学園戦は、武岡にとって特別な試合でもあった。それは中学時代、カル・リプケン少年野球世界大会日本代表でともにプレーした坂下 翔馬智辯学園におり、再会に燃えていたからだ。当時は坂下がショートで、武岡はライトだった。それだけに負けられない試合だった。試合後、坂下から「日本一になってこいよ」と激励を受けてきた武岡。センバツ後、振り込む時間を多くして、誰よりも振ってきた自負がある。

 試合後、笑顔で誰でも気さくにふるまう人柄はスターの証拠。武岡 龍世の本領発揮はこれからだろう。

(記事=河嶋 宗一)

【組み合わせ・応援メッセージ】
第101回全国高等学校野球選手権大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第9回  試合に出たい!真剣に課題に向き合う野球小僧・武岡龍世(八戸学院光星)【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
明石商vs八戸学院光星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs海星【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs智辯学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
八戸学院光星vs誉【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第884回 求道者・熊田任洋(東邦)が望むのは全国最多のV5!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ 【2019年インタビュー】
第830回 2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る 【2018年インタビュー】
第823回 脈々と受け継がれる八戸学院光星の右のエース像 後藤丈海(八戸学院光星) 【2018年インタビュー】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
八戸学院光星 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム