第35回 193センチの剛腕・赤塚 健利(中京学院大中京)の大化けのきっかけは「トルネード投法」2019年08月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 193センチ105キロと今大会一のスケール感を持つ赤塚 健利中京学院大中京)が北照戦で全国デビューを果たした。真上から振り下ろすフォームから繰り出すストレートは常時140キロ台・最速148キロを計測し、さらに角度もある。

 そして、武器である直球一本でほぼ勝負する。今の高校野球界はプロ野球の影響を受け、カットボール、スラッター、ツーシーム、チェンジアップなどを投げる投手が多くなっているが、赤塚はどこを吹く風。変化球は、緩いスライダーのみで後はほぼストレートで押し通す。そんな赤塚にロマンを感じる方もいるのではないだろうか。

148キロのきっかけはフォーム改造


 試合後の取材では、赤塚に取材が集中した。中学1年生時には180センチ台だったこと、背が大きすぎて服のサイズがなかったこと、背の大きさと身体能力の高さにサッカー部、バスケ部から勧誘を受けたことなど長身エピソードは赤塚の場合、事欠かさない。

 今回はこれほどスケール感のある赤塚がいかにわくわくする投手に育ったか。入学当初から192センチ台だった赤塚。球速は120キロ台。そこから少しずつトレーニングを行い、球速は130キロ後半まで速くなったが、制球力もまとまらなかった。そこで取り組んだのは、フォーム改造だ。2年秋、コーチからトルネード気味に投げることを勧められ、半年間行った。すると横振りだった投球フォームが縦振りになった。

 縦振りで投げるためには、軸足にしっかりと体重を乗せてから、投げることが大事になるが、以前の赤塚はそれができなかったこと。その使い方を覚えるためにトルネード投法に取り組んだのだ。

 赤塚のポテンシャルを開花させた「縦振り」の考え方は中京学院大中京の中では共通している。エース・不後 祐将も体重移動がうまく、縦振りで投げられる投手だが、これも中京学院大中京の指導があってこそだ。

 ただ赤塚だけ徹底させているのは変化球はあまり投げさせず、ストレート一本のみで磨かせていること。北照戦で投じた37球のうち変化球2球だけだった。変化球を習得しようと思ったが、うまく投げられず、指導者からもストレートをしっかりと磨けと諭された。それが148キロにつながった。

 中京学院大中京のスタッフは、赤塚が本格化するのは、高校を卒業してからと見ている。センスが優れたエースの不後とは違い、体重103キロの赤塚が1つの動きを習得するのに時間がかかる。動きを調整する能力、表現する能力などを卒業後に身につけてほしい考えのようだ。
 次は東海大相模戦。赤塚は言う。
「まっすぐ1本しかないので、それがどれだけ通用するか試したいです」
今の時代、ストレートだけで勝負する投手も珍しい。ピークは高校ではない。大成するまで時間をかけてみていきたい。そう思わせるだけのロマンが赤塚にはある。

(記事・河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第64回 今年の甲子園は奥川恭伸など好投手だけではない!甲子園で大活躍を見せた井上広大、藤田健斗、木下元秀の将来性に注目!【101回大会特集】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第61回 夏の甲子園、大阪勢としては初の連覇だが通算14回目の優勝は圧倒的 ~令和最初の優勝が履正社で、大阪勢の2強新時代を形成か~【101回大会特集】
第61回 2019夏・甲子園出場校応援曲ベストナイン【101回大会特集】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs東海大相模【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1029回 甲子園練習に参加した女子マネージャー首藤桃奈さん 当時の心境と将来の夢 【2019年インタビュー】
中京学院大中京vs北照【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1026回 プロ注目の遊撃手・韮澤雄也(花咲徳栄)が語る春から打撃、守備の意識の変化 【2019年インタビュー】
第1025回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
大垣日大vs中京学院大中京【岐阜県 2019年春の大会 平成31年春季岐阜県大会】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
中京学院大中京 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム