第21回 今年の甲子園は捕手が「トレンド」。甲子園を熱くするバラエティに富んだ逸材野手たち2019年08月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]全国に集結した逸材捕手たち
[2]黒川、韮澤、武岡など今年も好ショートが集まる

黒川、韮澤、武岡など今年も好ショートが集まる



5期連続甲子園に出場する黒川史陽(智辯和歌山)

 内野手では黒川 史陽は2本塁打5打点をマーク。高校日本代表合宿でも木製バットを握り、140キロを超える好投手から長打をマークした打撃の完成度は今年出場する左打者の中でもトップクラス。また高校日本代表候補の武岡 龍世八戸学院光星)は打率.588をマーク。夏の大会までは不調に苦しんでいたが、武岡の打撃を見ていた先輩からスイング軌道の指摘を受け、それがうまくはまり、復調につなげた。また視野の広さとスピーディな動きが備わった遊撃守備に必見だ。

 また同じく高校日本代表の韮沢 雄也花咲徳栄)は西川 愛也(西武)のようなタイミングの取り方から強打を連発。埼玉大会では打率.385を記録したが、韮澤のポテンシャルを考えればもっと高いパフォーマンスを発揮できるはずだ。五季連続出場の西川 晋太郎智辯和歌山)も遊撃守備、ミート力が高い打撃に注目。

 剣持 京右前橋育英)も広角に長打が打てる打撃技術、軽快な二塁守備に注目。
 下級生時代から抜群のスピードを武器にした守備を見せていた坂下 翔馬智辯学園)は奈良大会で5本塁打。猛烈なスイングスピードから繰り出す打撃は小さい選手に夢を与えている。また3本塁打を放っている塚本 大夢智辯学園)は智辯学園らしい威圧感を持った右のスラッガーだ。甲子園を経験している井林 泰雅高岡商)も全国クラスの左の強打者だ。

 青森大会で6本塁打を放った近藤 遼一八戸学院光星)は「非常にボールが良く見えていて、甲子園の打席でもこの感覚で入れば」と手ごたえは上々。高校通算30本以上の平泉 遼馬関東一)も期待のスラッガー。米澤監督も「実力を発揮してほしい。はまったときはすごい打球を飛ばしますから」と期待は高い。



星稜・東海林航介

 2本塁打、打率.529をマークした天才的な打撃を見せる菅野 秀斗山梨学院)、4年ぶり出場の岡山学芸館は打率.476をマークした知念 大輔は攻守で高い野球センスを発揮。スイングスピードの速さを生かした打撃で安打を量産する。また鳥取大会で特大本塁打を放った福島 悠高米子東)も飛距離は全国トップクラスの右のスラッガー。6年ぶり出場の熊本工では軽快な動きとバットコントロールの高さが光る二塁手・田中 亮誠が攻守の中心だ。5年ぶり出場の沖縄尚学のスラッガー・水谷 留佳は現在、高校通算32本塁打。今年から二塁に専念。「日本一の強打のセカンドを目指してきた」と意気込む水谷は習志野投手陣を攻略し、甲子園でもアーチを描く。

 卓抜としたバットコントロールを見せる住谷 湧也近江)は滋賀大会で打率.556をマーク。その高い打撃技術を甲子園でも発揮できるか。4本塁打を放った井上 広大履正社)は打席内の修正力の高さが光る。さらに強肩も魅力だ。山形大会で3本塁打を放った丸山 蓮鶴岡東)は思い切りの良い打撃スタイルで次々と長打を連発。乗せたら怖い選手だ。浦 和博鳴門)は高校通算30本塁打を超えており、打率.611、三振0と長打力と巧打力を兼ね備え、打撃フォームを見ても間合いの取り方がうまく、打ち取るのが難しい選手。

 福岡大会では不調だったが、長打力と強肩が魅力の福岡 大真筑陽学園)も全国レベルの外野手だ。石川大会決勝戦の満塁本塁打含む3本塁打を放った東海林 航介星稜)も長打力がアップ。強打の核弾頭として開花の兆しが見えている。花咲徳栄の2番・橋本 吏功もとても2番打者とは思えないスイング、打撃技術を誇り、本塁打を量産。走塁、守備のスキルも高く、大会注目の外野手といえるだろう。

 9年ぶり出場の宇和島東は4番村上 裕一郎の打撃に注目。181センチ78キロと恵まれた体格から手元に呼び込んで豪快なスイングで振りぬく打撃スタイルは迫力がある。

文=河嶋 宗一

関連記事はこちらから
目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ
侮れない2番捕手・水上桂(明石商)!来春はいぶし銀の活躍を見逃すな!
アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)
同世代の一流選手との対戦で課題と収穫を得た 韮澤雄也(花咲徳栄)
高校通算45本塁打のスラッガー・井上広大(履正社)は思考力も非凡。ポイントは「体の中で振る」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1014回 チームの歴史を継承するために。近江(滋賀)は感謝の想いを持って頂点を目指す【後編】【野球部訪問】
第1026回 群馬の「2強時代」に終止符を。桐生第一はこの夏、強豪の矜持を取り戻す【野球部訪問】
第1015回 プロ注目右腕や超高校級の遊撃手・土田擁する5季連続県王者の近江など今年の滋賀県はタレント揃い【大会展望・総括コラム】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
中部商vs沖縄尚学【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
沖縄尚学vs那覇商【沖縄県 2020年春の大会 春季沖縄県大会】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
試合で役立つメンタルマネジメント
東妻 純平(智辯和歌山) 【選手名鑑】
有馬 諒(近江) 【選手名鑑】
井林 泰雅(高岡商) 【選手名鑑】
大井 光来(鶴岡東) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
黒川 史陽(智辯和歌山) 【選手名鑑】
坂下 翔馬(智辯学園) 【選手名鑑】
進藤 勇也(筑陽学園) 【選手名鑑】
菅野 秀斗(山梨学院) 【選手名鑑】
菅原 謙伸(花咲徳栄) 【選手名鑑】
武岡 龍世(八戸学院光星) 【選手名鑑】
田中 亮誠(熊本工) 【選手名鑑】
知念 大輔(岡山学芸館) 【選手名鑑】
塚本 大夢(智辯学園) 【選手名鑑】
西川 愛也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
西川 晋太郎(智辯和歌山) 【選手名鑑】
韮沢 雄也(花咲徳栄) 【選手名鑑】
野口 洋介(関東一) 【選手名鑑】
野口 海音(履正社) 【選手名鑑】
平泉 遼馬(関東一) 【選手名鑑】
福島 悠高(米子東) 【選手名鑑】
藤田 健斗(中京学院大中京) 【選手名鑑】
水上 桂(明石商) 【選手名鑑】
水谷 留佳(沖縄尚学) 【選手名鑑】
宮崎 恭輔(國學院久我山) 【選手名鑑】
安田 陸(明徳義塾) 【選手名鑑】
山瀬 慎之助(星稜) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
旭川大高 【高校別データ】
近江 【高校別データ】
岡山学芸館 【高校別データ】
沖縄尚学 【高校別データ】
小山 【高校別データ】
関東一 【高校別データ】
熊本工 【高校別データ】
熊本工大 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
静岡 【高校別データ】
静岡市立商 【高校別データ】
科学技術 【高校別データ】
静岡学園 【高校別データ】
静岡商 【高校別データ】
静岡一 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
星陵 【高校別データ】
高岡商 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
鶴岡東 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
森 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
横須賀 【高校別データ】
米子東 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム