第56回 鵬学園(石川)「北信越を逃した悔しさをバネに春・夏に飛躍を遂げる!」2019年02月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]応援されるチームとなって星稜にリベンジする!
[2]鵬学園バッテリーが語る課題と意気込み/スポーツを通じて成長してほしい!

鵬学園バッテリーが語る課題と意気込み!



鵬学園 女子マネージャーの2人

ここからは、鵬学園の捕手・竹中晃太郎主将、米田 武琉投手のバッテリー2人に話を伺いました!

Q.秋季大会などを経て、見つけた課題を教えてください

竹中:主将としてチームを引っ張ることができなかったことが大きな課題です。点を取られて雰囲気が悪くなったときに、それを良くすることができませんでした。
米田:ピンチの時に、ベンチの雰囲気が悪くなってしまったり、グラウンドに出ている選手が平常心を保てないところが課題だと感じました。個人的には、試合のなかで投球にメリハリをつける“ギア”の切り替えが上手くできませんでした。投球練習から考えて投げていくことで、その力を養っていきたいです。

Q.このオフシーズンの目標、強化したいことを教えてください

竹中:柔軟性のあるプレーの習得、足腰の強化、怪我をしない身体にする、の3つが目標です。
米田:「覚悟を決めて一心不乱に悔いなく、弱い我に負けないで、全ての能力を向上させる」ことが目標です。具体的には、筋力、柔軟性の向上、フォームの固定、スライダー、ツーシームの精度を上げることに取り組んでいます。

Q.応援する方々へアピールしたいセールスポイントは?

竹中:捕手としてのリードと二塁送球、打席ではチャンスに放つ1本を見てください!
米田:自分は投手なので、ピンチを抑えるのが仕事です。そのピンチのときの強気のピッチングと力強いストレートを見てください!

Q.チームの好きなところや、他のチームに負けていないところはどこですか?

竹中:学年を問わず仲がいいところです。
米田:何でも言い合えることができ、元気なところです。特にセンターの小池田君はピンチの時に声をかけてくれて、ここぞというところで守ってくれる頼もしい人です。また、反省と話し合いの力はどこのチームにも負けていません!シートバッティング後の反省会、練習前のミーティングはすごく充実しています。

Q.このオフシーズン、「自分はここまで成長するぞ!」という熱い意気込みをお願いします!

竹中:主将としてまずはチームで1番頼れる選手になりたいです。どんな場面でも平常心を保てるメンタル、全試合で試合を決める1本を打てるだけの打撃力を、この冬で身に着けます!
米田:昨年は最速143km/hで終わってしまいました。今年は最速150km/h越えを目指します!

竹中選手、米田選手、ありがとうございました!

スポーツを通じて成長してほしい!

  浅井純哉監督に伺いました!

Q. 今年のチームは、新チームが始まってから、どんなテーマを持ってチームを作り上げてきましたでしょうか?秋の大会の振り返りならびに、冬でのテーマも教えていただけたら幸いです。

 新チームが始まってからは、1人1人が先を読める事を課題として今何をしなければいけないか答えを出すように練習を行ってきました。特に力を入れたのが走塁で、自分の判断を大切にさせるように指導しています。冬のテーマとしては、体力向上と基礎的技術の反復練習をメインに考えています。

Q. 厳しい冬の練習に挑んでいる選手たちにメッセージをお願いします!

 冬のトレーニング期間(12月~3月)を全力で取り組むことが、考え方の向上にも繋がります。その結果、春夏にチームとしての完成に近づくことが出来る。「野球部だから」がんばるのではなく、スポーツを通じて成長することを大切にしていきましょう。

 浅井監督、そして、鵬学園高校野球部の皆様ありがとうございました!

このページのトップへ

今年も大好評!【冬が僕らを強くする 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第935回 奥川恭伸擁する星稜を脅かすチームは?日本航空石川、遊学館が追随する!【石川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第368回 今年は星稜や遊学館だけではない。公立にも人材が集結!【石川抽選会後 展望】【大会展望・総括コラム】
第58回 鵬学園高等学校(石川)【僕らの熱い夏2016】
第191回 【第97回石川大会展望】あの逆転劇から早1年、今年も歴史に名を残す1年になるか??【大会展望・総括コラム】
米田 武琉(鵬学園) 【選手名鑑】
鵬学園 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム