第12回 週刊せり高校野球『高校野球、ユニフォーム物語』2017年06月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]どっちがどっち?!似ているユニフォーム対決
[2]今一番見たい“似ているユニフォーム対決”

 皆さん、こんにちは!『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。

 清宮幸太郎選手(早稲田実業)がついに高校通算100本塁打を達成しましたね!春季大会では新戦力の活躍も光り、夏に向けてますます盛り上がりをみせる高校野球。本当に夏の大会が楽しみで仕方ありません!

 そんな中、私の中で是非とも観たいと思っている対決もあるのです。今回は、第4回でご紹介した“同名校対決”に続き、ちょっとマニアックな高校野球の楽しみ方をご紹介したいと思います!

どっちがどっち?!似ているユニフォーム対決

左から智辯和歌山(和歌山)、智辯学園(奈良)

 みなさんは好きな学校のユニフォームはありますか?ユニフォームには漢字、アルファベットなど書体もさまざま、色もさまざま、デザインさまざまです。伝統を感じさせるもの、デザイン性の光るものなど、みなさんそれぞれに魅力を感じるポイントがあると思います。私も試合観戦の時にチェックするのが大きな楽しみのひとつになっています。

 このユニフォームという視点から、私がぜひ観たいと思っている対決は――
それはズバリ“似ているユニフォーム対決”です!!

 私がこの魅力に気付いたきっかけは、2002年第84回全国高校野球選手権大会第11日目。智辯学園智辯和歌山の初めて“兄弟校対決”が実現したあの試合です。

 当初私は11歳で何も分からずにこの試合をTVで観ていましたが、夢中になっていたのを今でも覚えています。
「今のはどっち?!」と分からなくならないよう必死で実況の方の声に耳を澄ませたり、実況の方が離した“ユニフォームの違い”を聞き、左肩の校章と「奈良」「和歌山」の文字を画面に齧り付きながら探してみたりしていました。

 あの頃とは高校野球を観る視点なども大きく変わりましたが、ふと“高校野球を楽しみながらみる”という点でこの試合を思い出すんです。そして、球場で観たらもっと面白いのではないかと――。

 夢中になるからこそ、集中して観るようになると思います。それはよりチームや選手の特徴に気付くことにも繋がり、試合を観るのが楽しくなると思うんです。

 似ているユニフォーム、実は系列校以外でも多くあるんです。例えば、第6回でご紹介した浦和学院のストライプのユニフォーム。これは森監督が日本代表を率いた記念に作られたもので、旧日本代表のユニフォームに似ていますよね。

 宮城県の柴田高校も2013年に旧日本代表ユニフォームをイメージしたものに変えたんです!平塚監督は変えた理由を「甲子園に出ても恥ずかしくない選手を育てたいとやってきて、うまく作れたのがこの3年生たち。新しい流れを作りたかった」と語られたそうです。似ているデザインでもユニフォームを選んだ理由や込められた想いや全く違ったりするのもまた面白いですよね!

【次のページ】 今一番見たい“似ているユニフォーム対決”

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第93回 清宮 幸太郎(北海道日本ハムファイターズ/一塁手) 試練のプロ2年目を超え 「清宮スタイル」確立へ【高校野球コラム】
智辯学園vs奈良大附【奈良県 2019年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第1033回 なぜ奥川恭伸は超一流投手になったのか?それは高い次元を求めたマイナス思考にあった 【2019年インタビュー】
仙台育英vs智辯和歌山【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
智辯和歌山vs県立和歌山商【和歌山県 2019年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1022回 アウトにならない究極の打撃を目指して 黒川史陽(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1021回 そのスイングはまるで福留孝介。そして父を超えるセカンドを目指す! 黒川史陽(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1019回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
早大学院 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム