第11回 週刊せり高校野球『夏の大会をさらに楽しむために!チェックしておきたい3つのポイント』2017年06月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]ポイント1 大会パンフレットをチェックしよう!
[2]ポイント2 早くも新1年生がベンチ入り!夏へのレギュラー争いはどうなる?
[3]ポイント3 レギュラーを全力で支える選手たち

 皆さん、こんにちは!『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。

今週の週刊せり高校野球も、前回に引き続き春季関東大会よりレポートです!
前編では、浦和学院の全員野球についてピックアップしました。
後編では、是非夏に向けてチェックして頂きたい3つのポイントと共に、春季関東大会を振り返りたいと思います!

ポイント1 大会パンフレットをチェックしよう!

水戸市民球場

突然ですが、質問です。
春季関東大会が開かれた水戸市民球場に着いた私が、最初にしたことは何でしょう?

それは、大会パンフレットをゲットすることです!
これは各チームの選手名簿や、過去の大会結果、試合会場へのアクセスガイドなどが載っているものです。
大会や都道府県によりない場合もありますが、多くは各球場にて販売されています。
このパンフレットの中で是非チェックして頂きたいポイントが、各校の選手名簿です。
出場選手の名前。
背番号。
学年。
身長や体重――。
このひとつひとつの情報からも様々な背景が見えてきます。
例えば、春季大会の選手名簿と前年の秋季大会の選手名簿を比べてみると、身長や体重が大きく変わっていたりします。
冬の間にウエイトトレーニングや食事トレーニングに取り組んで、たくましくなったことがわかります。その上がった数値から選手の努力を感じることができますし、実際試合では、数値の上がっていた選手の球もが上がっていたり、打球の飛距離が伸びていたりすることも多いんです!
また、新たに背番号をもらった選手をチェックすることで“この選手はかなり力を伸ばしてきたのではないか”と試合前にチェックすることができます。

【次のページ】 ポイント2 早くも新1年生がベンチ入り!夏へのレギュラー争いはどうなる?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大三vs山梨学院【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
千葉黎明vs青藍泰斗【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
第15回 週刊せり高校野球『互いを高め合う力!東西の怪物が迎える最後の夏』【芹玲那の高校野球レポート】
第14回 週刊せり高校野球『日本中の高校野球ファンを感動させた親友対決を回顧!』【芹玲那の高校野球レポート】
第13回 週刊せり高校野球『知れば知るほど面白い!ユニフォームに込められた伝統』【芹玲那の高校野球レポート】
第12回 週刊せり高校野球『高校野球、ユニフォーム物語』【芹玲那の高校野球レポート】
第10回 週刊せり高校野球『浦和学院の野球は心の足並みを揃えた全員野球だ!』【芹玲那の高校野球レポート】
第509回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第4回「楽しむために「自分で」努力する」 【2017年インタビュー】
第508回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第3回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その2!  【2017年インタビュー】
第506回 バトルスタディーズ第100回記念対談!  なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第2回「なきぼくろ先生」のPL学園時代披露その1!  【2017年インタビュー】
第504回 バトルスタディーズ第100回記念対談!なきぼくろ先生×芹 玲那さん(公式レポーター)第1回「バルスタディ」の秘密 【2017年インタビュー】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム