第10回 週刊せり高校野球『浦和学院の野球は心の足並みを揃えた全員野球だ!』2017年05月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]私が浦和学院を注目した理由
[2]今年の浦和学院は試合を重ねるごとに成長する
[3]浦和学院の“全員野球”に注目!

 皆さん、こんにちは!『バトルスタディーズ』×高校野球ドットコム「強い者にはワケがあるキャンペーン」公式レポーターの芹 玲那です。

 春季関東地区大会浦和学院の2年ぶり6度目の優勝で幕を閉じましたね!
決勝は浦和学院vs東海大相模という全国屈指の名門校同士の対決となりましたが、3対2と一点を争う好ゲーム。
試合レポートからも両校がこの関東大会で成長を遂げたことが伝わってきて、ますます夏の大会が楽しみになりました!
残念ながら決勝を観ることはできなかったのですが、私は大会第2日目と第3日目の水戸市民球場で行われた試合を観戦することが出来ました。
今週の週刊せり高校野球は、春季関東大会レポート前編をお届けします!

私が浦和学院を注目した理由

優勝した浦和学院

水戸市民球場ひたちなか市民球場、2つの会場で行われた春季関東大会
2日間観戦予定だったので当初それぞれの球場に行く予定でしたが、予定を変更して2日とも水戸市民球場へ行くことにしました。
それは何故かって?
同じチームを観戦し続けることでいろいろなものが見えてくると思ったんです。
試合を重ねるごとにチームとして強く、個々としても成長していく選手たち。
前の試合で「悔しい」と語ったことを翌日どう修正してくるのか――。
監督からの期待の言葉にどう応えるのか――。
夏に向けてさらに熾烈になっていくレギュラー争いの中で、選手たちとってこの大会にかける思いはとても強いものがあると思います。

そして、私が注目したチームは―――
優勝した浦和学院です!

浦和学院といえば埼玉屈指の強豪校で、甲子園出場回数は春夏通算22回と県内最多。
2013年春のセンバツでは、小島 和哉投手を擁し見事初優勝!
悲願の優勝に喜ぶ選手たちの姿は皆さんの記憶にも残っているのではないでしょうか。
この春、春季埼玉県大会5連覇という偉業を成し遂げて、関東大会出場への切符を勝ち取りました。
学校はさいたま市にあり、1978年野球部創部。
現監督である森士監督(上尾―東洋大)は、1991年27歳という若さで浦和学院の監督に就任。
浦和学院を全国屈指の強豪校へと育て上げ、2009年にはAAAアジア選手権の日本代表(関東センバツ)監督も務められました。
現在のストライプのユニフォームは、森監督が日本代表を率いた記念で作られ、練習試合で着用されていましたが、監督就任20年目を機に2010年秋季関東大会から正式ユニフォームに採用されました!

【次のページ】 今年の浦和学院は試合を重ねるごとに成長する

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花咲徳栄vs浦和学院【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs正智深谷【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs川越工【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs与野【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第952回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
第95回 浦和学院(埼玉)編「好投手を輩出し続ける投手王国・浦和学院のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
浦和学院 【高校別データ】

プロフィール

芹 玲那
芹 玲那(せり・れいな)
  • バトルスタディーズ×高校野球ドットコム
    「強い者にはワケがある」キャンペーン公式レポーター。
    2006年夏の甲子園決勝(早稲田実業-駒大苫小牧)を観て、チームの勝利のために奮闘する球児の姿、全力でプレーしているからこそ生まれるドラマに心を奪われ、高校野球にのめり込む。春夏の甲子園、関東を中心に春季~秋季大会、明治神宮大会と年間通して球場で高校野球観戦。
    スコアブックに試合やチームの特色を記録し、成長の過程を見ていくことを生きがいとしている。
    また、高校野球ファンの方が集える場所を作りたいとイベント「高校野球ファン交流部」を主催。
    昨年、夏の甲子園やドラフト関連の記事を「高校野球ドットコム」で執筆する中で、「高校野球を広く世の中に伝えたい」と、女優から転身を決めた。
    今後は「高校野球レポーター」として、球児たちの頑張りを様々な形で伝えていく。
    ・公式ツイッター@seri_reina
    オフィシャルブログ
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム